名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ソクラテス『何人たりとも、不正に報いてはならない。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

いかなる条件、状況によっても、不正に対し、不正で持って報いてはならない。これが出来るかどうか。

 

例えば『仇討』だ。目の前で大切な人が理不尽に殺されたのを見たとき、我々人間は、何もしないでその場をしのぎ、裁判まで持っていけばいいのか。罪を認めないような人間だったら、何年も何年も、犯人に『正当な罰』を受けさせるために、長い間じっと我慢しなければならない。

 

北朝鮮の拉致問題はどうか。親からすれば溺愛する子供の頃に拉致され、その思いはいまだに晴れることなく、彼ら両親の心を蝕みつづける。このまま寿命が来たらどうするのだろうか。相手が、もし死ぬのを待っていて、闇に葬ろうとしていたら、こんなにも理不尽な話はない。それならばいっそ、耐え忍び、理不尽にもその無念が晴れないのならいっそ、『違う解決法』を取ることも、頭によぎるのではないだろうか。

 

だが、それでは相手と、その理不尽な人間と、『同類』になってしまう。これ以上の屈辱はないだろう。自分の人生に、あまりにも理不尽な影響を与えた人間に屈しない。それは、相手と同類に、成り下がらないことだ。それが、人間の誇りなのだ。

 

”負”は、ある。人間は、”負”の連鎖に、打ち克てる。だが、もし打ち勝てなくても、人はあなたを、心の中では、責めないだろう。だが、人として生きて、死んでいくこの数奇な運命の中で、この奇跡の人生の中で、自分にしか生きれない人生とは、きっと、仇討ではない。

 

後世の人々に生きる勇気を与える、模範となれ。後世の人々に言い伝えられる、規範となれ。それこそが人間の、矜持である。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

ソクラテス『何人たりとも、不正に報いてはならない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『子供をも、生命をも、その他のものをも、真理以上に重視するようなことをするな。』

 

『我々が常に口にしたことが、真理(正義)なのだよ。クリトン。』

 

『真理の探究なき人間は、生甲斐のない人生だ。 』

 

『自分に死の危険が迫ったからと言って、今まで自分が納得していた原則、真理と言ってもいいが、これを捨てることは絶対に出来ない。』

 

『僕は自分が納得できないものには従わない。よくよく考えて、正しいと納得した原則にのみ従うことにしている。』

 

『食塩の善さは『からい』ことにあり、砂糖の善さは『甘い』ことにあるように、裁判員の善さは『正しく裁く』ことに、また弁論する者の善さは『真実を語ること』にある。』

 

『大きな湖も少しずれた高い丘から見ると、その形がわかるように、この裁判も少しずれたところから眺めると、真実が見える。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP