名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ソクラテス『友と敵、両方がいなければならない。友は忠告を与えて、敵は警告を与える。』


ソクラテスの言葉


古代ギリシャ哲学者 ソクラテス(画像

 

とかく人間関係とは、慣れ合いになりがちだ。気の合う友人や悪友、時には行きずりの異性と傷をなめ合ったり、慣れ合うことによって、寂しさを紛らわせ、心にある得体のしれない空虚な闇に、蓋をする。

それは大体の場合が、不透明な人生についての悩みである。儚い人生についての、憂いである。

真実の友を持たなければならない。真実の友とは、その悩みと、憂いと、どう向き合うべきかを助言する。それについてひどく言い返しをされたとしても、 ”損”を恐れず、思いやる。

そして、生きている限り、自分を貫かなければならない。自分を貫けばもちろん、他の人生を貫く誰かと、競合し、あるいは相対する。

彼らの動きに注視せよ。彼らは自分と競い、追い抜こうとして躍起になり、道を踏み外すことがある。反面教師である。彼らと競い合ってはならない。

『ウサギとカメ』を考えるのだ。ウサギは教えてくれた。勝利や成功、才能といった美酒は、”度数”がきつい。よほど自分を鍛えていないと、たちまち驕りに、飲まれてしまうということを。

とかく、『後始末』になりがちなのが人の性。それを、『前始末』にするのを自分以外の人が手助けしてくれるとしたら、”友”と”敵”なのだ。

 

 

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

22.『本当の友人とは。

真の友人は『失意時代』にわかる。『得意時代』に群がる人間を過信するな。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『なぜ必要以上の化粧をしている。なぜ人目を気にしておどけているのだ。ピエロのパラドクスを知れ。』

 

 

 

 

ソクラテス『友と敵、両方がいなければならない。友は忠告を与えて、敵は警告を与える。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『勉学は光であり、無学は闇である。』

 

『満足は、自然の与える富である。贅沢は、人間の与える貧困である。 』

 

『結婚をするべきか、結婚しないべきか。どちらを選ぶにしても、後悔するだろう。 』

 

『よく本を読んで、良き魂を育てよ。苦労して、著者が身に付けたことを、苦労せずに、読者は身に付けられよう。』

 

『少量をうまくやる方が、大量にまずくやるよりもよい。』

 

『わたしは、誰の師にも、成ったことはなかったが、一方で、誰の問にも、答えなかったことはなかった。 』

 

『いかに多くの富を有するか、自慢する者が居ても、いかに使うが分かるまで、彼を、誉めてはならない。』

 

『息が止まらない限り、私は知を愛し続ける。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP