名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『自分の立場に執着するな。それでもするなら、惨めな思いをすることになるだろう。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

人は『執着』する生き物だ。仏教の開祖ブッダは、『罪』の定義を、その『執着』だと言った。

 

『甘い汁』に執着したい人からすればそれは聞きたくもない戒めかもしれないが、奴隷、虐待、虐め、不治の病、不慮の事故、不可避の天災、老化、悩み、憂い、といったあらゆる嘆きの種、苦しみの原因に直面している人間は、その執着は間違っている。

 

と正されたなら、救われるだろう。またそこまで考えると、『甘い汁』に執着している人も同じことだとわかるだろう。その『甘い汁』に執着するということは、『甘い汁が枯渇したとき(無くなってしまったとき)』の、自分が、物足りないと思ってしまっている。つまり『執着』している。甘い汁で満たされている自分以外は、自分ではない、と、思い違いをしている。

 

孔子は弟子のゼンキュウに言った。

『お前は力の限り職務を尽くすどころか、職を失いたくないばかりに悪事に加担しようとしているではないか。』

 

ゼンキュウは立場、権力に『執着』してしまったのだ。そして孔子に戒められ、恥かいた。

 

だが、それで済んだから良しとしなければならない。孔子ほどのメンターがいたことは奇跡だ。大抵の場合はそう助言してくれるメンターなど皆無。一時の恥をかくどころか、一生惨めな思いを強いられる結果も起こり得ただろう。

 

 

参照:孔子曰わく、求よ、周任に言あり曰わく、力を陳べて列に就き、能わざれば止む。

(季氏第十六-一)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

24.『失敗をすぐに認められるか、それとも隠蔽するかで人間の価値は決まる。

自分のミスや失敗を隠したくなる気持ちはわかる。わかるが、『子供』もそれをやっていることを考えた時、そこに違和感を覚えるはずだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

孔子『自分の立場に執着するな。それでもするなら、惨めな思いをすることになるだろう。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『人の価値は集めた富みによって決まるのではない。徳によって決まるのだ。』

 

『リーダーが心得る3つの戒めとは。』

 

『リーダーの3つの極意とは』

 

『リーダーの9つの心得とは』

 


広告

 

↑ PAGE TOP