名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『不純物をろ過するフィルターとなれ。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

酒が好きだった孔子は2メートル近い大男だったというから、飲む量も半端ではなかっただろう。そんな飲み会やコミュニケーションの場で、孔子が気にしていたのは、老人を敬うことだった。

 

酒は飲むが、決して酒に呑まれることはなかった孔子は、自分の年齢や立場を考えた立居振舞を、しっかりと果たす人間だった。人間の歴史は、人間から受け継がれる。その”人間”とは、自分たちよりも早くに生まれ、この世を生きた人たちだ。

 

確かに、ジェネレーションギャップはある。だがそれは当たり前だ。表層的なジェネレーションギャップこそは、人間の進化の象徴だ。刀を持ち歩くことが当たり前の時代のサムライが、現代にタイムスリップしてきたら、すぐさま逮捕されるだろう。

 

だが、老人、先人を敬うということはそうではなく、真似をするということではなくて、 ”学ぶ”ということなのだ。彼らがその時代にどういう生き方を強いられ、どういう理念のもと人生を生き、その結果、どういう良いことと悪いことが起きたのか。それをよく聞いて、まるで不純物をろ過するフィルターのように我々現代人の確かな見識でふるいにかけ、現代に生かし、同じように次の世代へと受け継がせる。これこそは、人類の良き発展への貢献なのだ。

 

そういう大義ある貢献のやる意義とは、やってみればわかるだろう。子供、後輩、部下、生徒、必ず指導、教育に直面するときがくる。そして幾多の試練を乗り越え、彼らが成長したのを目の当たりにしたとき、思い知るはずだ。

 

まるで、『人生の目的を果たした』。そういう気持ちで、心が満たされることを感じるはずである。それは人間の、いや、生命の宿命を果たした瞬間なのである。

 

 

参照:郷人の飲酒には、杖者出ずれば、ここに出ず。

(郷党第十-十)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

孔子『不純物をろ過するフィルターとなれ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『見ているときに頭を下げるのは当たり前だろう。問題は見ていないときにそれが出来るかだ。』

 

『本当に悔いている者を責める人間は無能だ。本当は悔いていない人間を責められない人間も無能だ。』

 

『その席に着く際に違和感があれば、それに従え。』

 

『礼儀とは、表面的な挙措動作ではない。心がけの美しさだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP