名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

孔子『我が身を省みず正義を押し通すことを、私は押し付けることは出来ない。』


孔子の言葉


儒教の始祖 孔子(画像

 

混沌とした場所で生き貫くことや、自分の正義を押し貫くことは、容易ではない。先が真っ暗闇の未開拓の地を猪突猛進に突き進むようなものだ。足の小指をどこかにぶつけて、大けがするかもしれない。あるいは、そのまま足を失う大事故に遭うこともあるかもしれない。

 

その物怖じしない人生の生き様は、美しい。どんな人間もひれ伏す崇高な人生の生き方であることは間違いない。だが、それにはリスクも伴う。だから、安易な気持ちでやることを、孔子は勧めない。それが彼が人格者として多くの人に慕われた理由だ。

 

だが、私は人格者ではない。だから、とある偉人の言葉を借りてこう言う。

『もっとリスクを負え。人生の黄昏を迎えるとき、自分の心を悲しみと後悔で満たすのは、負ってきたすべてのリスクではない。負わなかったすべてのリスク、掴まなかったすべてのチャンス、立ち向かわなかったすべての恐怖なのだ。』

 

このたった一度の人生で、命を使い切れ。

 

 

参照:危邦には入らず、乱邦には居らず。天下道あれば則ち見れ、道なければ則ち隠れる。

(泰伯第八-十三)

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


>>続きを見る

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

 

黄金律

『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

 

 

黄金律

『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

 

 

黄金律

『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

 

黄金律

『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

 

黄金律

『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

 

 

 

 

孔子『我が身を省みず正義を押し通すことを、私は押し付けることは出来ない。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『国民は駒ではない。そう思いがちだが、思えば必ずそのツケは返ってくるだろう。』

 

『先生面をする前に、まずやるべきことがあるだろう。』

 

『世が不正社会だろうと公正社会だろうと、それらを言い訳にし、自分の歩くべき道を踏み外すな。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP