名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『お洒落をしてもいい。異性を気にしてもいい。だが、決して忘れてはならないことがある。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

お洒落をするのは、特に女性にとっては生きがいに等しい。別にそれはいい。男が逞しく、女が美しく在ろうとすることは、人として普通だ。それはいいのだ。

 

だが、『それをやっておいて』、『あれをないがしろにする』ことは許されない。許されないと言うか、出来ない。ないがしろにすることは、出来ないようになっている。

 

『あれ』とは、『真理』である。『真理=神=愛』だ。どの呼び名を使ってもいい。同じことだ。

 

夢中になるものがあってもいい。それは全然かまわない。だが、もし『それ』に没頭し続け、『あれ』を忘れることがあるのなら、覚悟しなければならない。『あれ』から逸れて幸福になるということは、絶対にない。

 

 

参照:『コヘレットの書 第3章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

キリスト『お洒落をしてもいい。異性を気にしてもいい。だが、決して忘れてはならないことがある。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分の仕事を心から楽しむ。これ以外に人の幸福はない。』

 

『未曾有などない。あるのは不変のリズムだけだ。』

 

『理不尽な世の中や、その流れに身を任せ、支配されてはならない。』

 

『この世の掟を見極めよ。』

 

『死に急いではならない。』

 

『口は災いの門。喋るのを慎んだ方が良い場合がある。』

 

『意味ありげに声を荒らげる輩と、静かに語る知者。どちらが傾聴に値するだろうか。』

 

『大したことない。そう思ってないがしろにした全てのことが「大したこと」だったから、あなたの人生は大したことないのでは?』

 


広告

 

↑ PAGE TOP