名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『自分は敬虔な信仰者?それなのになぜあなたの家には、不和があるのだ。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

私はクリスチャンの両親の下に生まれ、それを強要され、 教会に行かなければ怒鳴られ、時には刃物を握ったこともあるからよくわかるが、世の中には、『エセ』信仰者で、溢れている。 当然私の両親も、その類だった。

 

何しろ、信仰は強要してはならない。私の心が信仰を求めていないのにそれを強要し、それをやらなければうちの子ではないという扱いを受けた。それだけで、そのあと私が家出をした十二分な理由になり得るはずである。それはもう15年以上も前の事だ。

 

だが、つい1年前、私が30歳になるかどうかというときも、散々揉めてきたはずの私の前で、祈りを見せびらかす様な行動をとる母親が居た。その1年後、つまりつい先日に、ようやく

 

『あなたはあなたでいいと思う。私も、昔姉が死んだとき、よく理解もせずに集会に通う様になり、それを子供のあなたたちに押し付けたのは、悪かったと思う。』

 

というセリフをさらっと会話の中で言ったが、とんでもない。

 

このセリフを言うまでに、一体どれだけの壮絶なドラマがあったと思うか。そこにあるのは、およそ、サラッと聞き流すようなドラマではない。

 

しかし私はもう子供ではなかった。母親とて、大変だったのだ。生きるために、信仰が必要だったのだ。姉を亡くし、弟が精神分裂病になり、父が死に、今では夫も死んだ。そんな中、気丈に生きていくために、心の闇に一片の光が差した。その光がたまたま、イエス・キリストの存在だったのだ。だから、それはいい。終わったことは、もういい。私の事はいい。

 

しかし全ての人は、覚えておかなければならない。

 

『あなたは本当に信心深いか?エセ(似ているが違う人)ではないのか?』

 

たとえあなたが『身の潔白』を唱えようとも、その家に不和があるのなら、その家に信仰者はいない。

 

 

参照:『格言の書 第17章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

/32.html">>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

キリスト『自分は敬虔な信仰者?それなのになぜあなたの家には、不和があるのだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『結局、つとめ励む者こそ人を支配するようになる。』

 

『人間は弱い。嘘と偽り、富と貧しさ、これらによって心を牛耳られる。』

 

『驕りを捨てれば、仕事と事業に成功する。』

 

『倹約家は繁栄し、ケチは滅びる。』

 

『なぜ、思慮浅い人が未熟なのか。』

 

『”水”を思い出せ。柔は剛をも打ち砕く。』

 

『天上天下唯我独尊。その意味をはき違えるな。』

 

『見て見ぬフリをして争いを避け、平和主義を演じるのはやめよ。』

 

『傷口を舐めるのは、動物だ。人間は、舐めない。人間がやることは、治療だ。治癒の手伝いだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP