名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『理由があるはずだ。逆に聞きたいのだが、なぜ理由がないと考えたのか?』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

人が黙っている。それを目の当たりにした人間の意見は様々だ。

 

『なぜ黙っているの?黙っていたらわからないでしょ!』

 

(けっ、こいつビビッてやがんな。)

『おい、何とか言えよこら!』

 

(いや、この人が喋らないのには理由がある。)

『あの、何かお気に召しませんでしたでしょうか。』

 

ちなみに私の部下には『吃音症』という『無言になってしまう病気』を患っている人間がいて、 吃音症は、保険が適用されるれっきとした病気である。そういうパターンもあるのだ。相手が『言えない』のか『言わない』のか、そこには様々な理由があるはずだ。

 

それなのに、一辺倒に考える人間が後を絶たない。私の人生の周りでも、9割がそういう人間だ。むしろその1割は、珍しかった。彼らと会った場所も、異常だった。彼らは私の永遠の恩師である。

 

彼らは言った。
『お前、そのままでは宝の持ち腐れだよ。』

 

つまり彼らは、『表層上』などに支配されていなかったのだ。『実質』を見抜く見識に長けていたのである。私はこの『表層』に躍起になる人間に嫌気がさしていた。だから『実質』を『表層』に出すことに恥を覚え、それを封印していた。しかしそれを恩師が見抜いたのだ。こういう人間でなければ、人の心を理解することなど出来ない。

『表層上』というのは、あくまでも『心の内面』が浮き出た結果である。ということは、目を向けなければならないのは『内面』の方だ。

 

『5』という結果が出た時、その『5だけ』に反応するのが9割の人間だ。そして、『4,3,2、1…そして初めの0は、何だったのだろう』と考えたのが、恩師だったのである。『5』にたどり着くまでに経た過程があるはずだ。そんなこと、至極単純な、『算数』の世界である。

 

例えば事件だ。事件という『5』にだけ反応する人間が9割だ。しかし、本当に目を向けなければならないのは、一般の人間でも『4,3,2、1。はじめの1歩目は何だったのだろう。』という内省であり、プロならば『0。根幹の0を紐解き、問題の解明と再発の抑止に努めよう。』という分析である。

 

 

参照:『アモスの書 第3章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

キリスト『理由があるはずだ。逆に聞きたいのだが、なぜ理由がないと考えたのか?』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

広告

 

↑ PAGE TOP