名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『その信仰はエセ(似ているが本物ではないもの)ではないのか?本物なら何があっても不動のはずだ。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

孔子も、
『あなたは本当に信心深いか?エセ(似ているが違う人)ではないのか?』

 

という方向の思慮を持っていて、

『自分の先祖の霊でもないのにペコペコ頭を下げて拝むのは、信心深い行為をしているのではなく、あわよくばご利益を得ようとの下賤な行為だ』

 

と言った。聖書にもこうある。
『信仰を持っていても愛が欠けているのならば、その人は無に等しい。』

 

良く考えたらわかることだ。例えばわけのわからないカルト教団があるとする。だが、彼らは別に自分たちのことを『わけのわからない』とは思っておらず、『信仰がある』と信じている。しかし、彼らが『理解力のない人間界をリセットしよう!』などととち狂い、テロ行為を行った。

 

これが、『良し』とされるわけがないだろう。そこに、『愛』など一片もないのだ。『愛』は与えるものだ。奪っておいて、そこに『愛がある』などと、口が裂けても言うことは出来ない。

 

ストーカーが殺人事件を犯した。彼・彼女ら曰く、

『あの世で一緒になれると思った。これで一生自分のものになると思った。』

というのだ。

 

もう一度言おう。『愛』は与えるものだ。奪っておいて、そこに『愛がある』などと、口が裂けても言うことは出来ない。

 

同じように信仰も、信念も、『愛』があるかないかだ。無いなら、自分の私利私欲を求め、不正をし、妬み、嫉み、もちろん自分自身はそれによって苦しまされるだろう。


助けてほしい?信仰を持っているんだから、私は助かるでしょ?


そもそも、『自分の身などどうでもいいから、他人を助けてください』と言う選択肢もある中、その主張をする自分に本当に愛があるかどうか、自問した方が良い。

 

 

参照:『コリントの信徒への手紙一 第13章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

キリスト『その信仰はエセ(似ているが本物ではないもの)ではないのか?本物なら何があっても不動のはずだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

広告

 

↑ PAGE TOP