名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『目に見えるものと見えないものがある。例えば酸素は見えないだろう。だが、在る。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

聖書に対し、ヨハネによる福音書第1章について書いた、

『この世には確かに、闇がある。だが、光は、闇をも凌駕する。』

 

で私は、『初めに言葉があった。言葉は神と共にあった。言葉は神であった。』ということが、意味が分からないからわかりやすく書け、という不満を冒頭で書いたのだが、それは今も同じことだ。 信仰が『混乱』させてどうする。信仰は『救い』の為にあるのだ。

 

真のクリスチャンがこの世にいて、それを心底から信じているなら、世界の人にわかりやすいようい『超訳』をしてもらわなければならない。 この言葉を、小学生が理解できると思っているなら、目には節穴が空いていると思った方が良い。

 

さて、ある識者はこの一節をこう説明している。

『この一節は、言葉が人間のものの考え方や感情、物事のすべてを決めていくということを述べたものです。』

 

なるほど、つまりとにかくこういう風に、本当にその信仰に確信があるのなら、自分たちだけで囁き合っていないで、世界中の人にそれを伝えるべきだ。 それが出来ないのなら、近場にいる人にも同じようにそれをしてはならない。そうじゃないと『近場の人』が、混乱するからだ。

 

(なぜあの人たちは違う信仰なの?)

 

それに対し、どう説明するつもりだろうか。まさか、『私たちは私達。あの人たちとは関係ないんだ。』と言うつもりだろうか。だとしたら信仰など、人間同士に隔たりを生む原因になるから、この世には必要ない

 

厳密に言うと、信仰自体は重要だ。だが、人間がそれを理解して使いこなしているかどうかは、別問題だ。 我々の枕には、ダニやその糞がはびこっていて、外出から帰宅したその衣服には、花粉やホコリがこびりついている。

 

肌には無数の常在菌が棲みついていて、空中には窒素と酸素が蔓延していて、あるいは宇宙からの暗黒エネルギーが身体をすり抜けている。 だが我々はそれを目で見て捉えることが出来ない。

 

それなのに、何を理解しているというのか。 人間に対しても、信仰に対しても同じことだ。 人間には、まだまだ『伸びしろ』がある。

 

 

参照:『ヘブライ人への手紙 第11章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

32.『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。

流動変化するこの世の真理を知り、それに最適化し続けよ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

キリスト『目に見えるものと見えないものがある。例えば酸素は見えないだろう。だが、在る。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『愛はどこから来ると思うか。海?山?空?違う。人間の心からだ。』

 

『迷い、優柔不断な人間は未練がましいだけだ。それだけの人間なのだ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP