名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『目に見えるものだけに囚われてはならない』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

以前ここにも書いたが、

エネル『──人は…"神"を恐れるのではない…"恐怖"こそが"神"なのだ』

 

人は何かと、理由をつけたがる。論理的な理由。説明がつかないこと、つじつまが合わないことは、とても居心地の悪いことだと思うからだ。

 

遥か昔、地球がまだ丸いと知らなかった頃、人間は、この地球を大きなゾウや、木が支えている平らな土地だと思っていた。

 

ある土地では『雷、地震は神の怒り』、またある土地では『雨、快晴は神のご慈悲』、奇病、神隠し、呪い、祟り、裁き、説明がつかない不可解な現象を全て『神の怒り』のせいにし、生贄、魔女狩り、お供え物、供養、お祓い、占い、念仏、祈り、実に、幾多もの習わしが生まれ、浸透した。世界各地によって信じられる神々の姿かたちは違うが、しかし人は共通して、『神』の存在を奉ったのだ。

 

聖書にある『知恵の書 第13章』には、私のこの見解とほぼ同じ内容が書いてあるが、一つだけ違う部分は、『創造主論』を根底においているか、いないかということである。

 

私はこの『創造主論』について、あるいは『宇宙の果て』について、漠然としか考えないことにしている。有限の人生の中、それを考えるのは時間がいくらあっても足りないからだ。答えを突き詰めるまで諦めない性格も手伝って、答えが出ないことを追う時間は、無駄だと判断している。それをしている間に、他のやるべきことがおろそかになり、この地球で生きていくことが出来なくなるからだ。

 

だが確かに、私はこの章に書いてあることについて、世のクリスチャンや、その他の敬虔な信仰者に言いたい。

 

『目に見える物だけに囚われるな』

 

クリスチャンである私の親も、よくその言葉は言っていた。おそらく、信仰者同士で聖書を持ちより、交わりの中で実によく出てくるテーマなのだろう。子供の頃、何度聞かされたかわからない。

 

いや、それ自体はいい。その考え方自体は、確かに合っている。だが、私の親は、確かに愛しているが故、私に信仰を勧めていた。だが、それはほとんど、『洗脳』や、『強要』に近いものがあったのだ。

 

それだけではない。彼らは、『隠蔽』もしたし、『捏造』もした。自分たちが悪いのではなく、自分たちの愛情を理解できない、お前が悪いのだという状況に、必ず話を持っていく『責任転嫁』をしたのだ。

 

両親二人に協力され、そう追いやられた子供には、道は二つしかない。『心は求めていないのに言うことを聞いて教会に行く』か、『心に従って、親に逆らうか』である。

 

彼らは後者を選択した私に対し、『反抗期』だと言った。だが本来『反抗』とは、『基準から逸れる』という意味。では、『基準』とは?『親』?では、暴力団や育児放棄したり虐待ばかりして、いつでも金を無心し、ギャンブルと酒に狂う、人でなしの『親』も基準?

 

『神』?どの『神』?どれか一つの神を基準にしたら、その他の神の信仰者がすべて『反抗者』になるが、それでいいのか?

 

そう。私が言いたいのは、敬虔な信仰者も含めたすべての人に対して、また、この言葉を念仏のように唱える機会が多い人に対してだ。

 

目に見えるものだけに囚われ、真に大切な人の気持ちや、『心』を、軽んじてはならない。テレパシーを使えるわけでもないのに、見識を磨いてきたわけでもないのに、結婚をして、子供を産み、信仰という絶大な力をバックボーンに抱えただけで、『神』に、あるいは『神の召使い』に成り下がってはならない。なるのは自由だが、それなりの『代償』を払うことになるだろう。

 

それでもエゴ(神)を取るか?それとも、神を見ない者がエゴイストか?その答えは誰にもわからない。一つだけはっきりしているのは、『目に見えるものだけに囚われてはならない』ということだ。

 

追記

ちなみに、私の父親は17歳のときに亡くなり、母親はついこの間、かつて私に信仰を強要したことを認め、悔い改めた。しかしそれについて面と向かった謝罪はなく、自然にそういう方向に転換したのである。

 

私はそれについて言及をしない。彼らを責めてはならない。彼らは弱く、そして愛に溢れていただけなのだ。しかし、彼らが正しいわけでもないのだ。私は子として計り知れないほどの葛藤をしたが、今振り返って、彼ら両親の下に生まれたことを、感謝したい。そして、学んだことを、自分の子孫に伝えていきたい。

 

 

参照:『知恵の書 第13章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

2.『愛があれば全ては解決する。

愛は没我であり、潤滑油である。円滑にいかない場所に愛はない。

>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『この世には、命よりも大事なものがある。しかし、それは『上』にあるのではない。だから、『命よりも上』という表現は相応ではない。『中心』にあるのだ。』

 

黄金律

『全ての人間が自分のやるべきことをやらないと、世界平和は実現しないのだ。 』

 

黄金律

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

黄金律

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

 

 

キリスト『目に見えるものだけに囚われてはならない』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『むやみに子供を産めばいいというものではない。』

 

『生まれたときのことを想像せよ。皆同じ、赤子であった。』

 

『白い色と黒い色がある。さて、その色は本当に合ってるか?』

 

『全世界にそれはある。グレートウォール(マクロ)だろうと素粒子(ミクロ)だろうと関係ない。』

 

『人に自分の不運を見せびらかすな。本当に悔いているなら、一人で苦しめ。』

 

『公明正大ではなく、理不尽な扱いがあった。それは決して許されない。しかし、だからと言ってそれを理由に悪に染まることも許されない。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP