名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

キリスト『口は災いの門。喋るのを慎んだ方が良い場合がある。』


イエス・キリストの言葉


キリスト教の礎 イエス・キリスト

 

私は吃音症の社員を抱えているからわかるが、例えば1時間、ずっと指導助言を続けることが、どれだけ難しいか。その間に、相手が吃音症だということを忘れて、(なんでこいつは黙ってばかりいるんだ)と、異様に腹が立つこともある。

 


(病気を盾にして、一生喋らないつもりじゃねえだろうな)と、頭に血が上ることもある。

 

1時間という時間は、そういう時間だ。私の場合、2時間、3時間ということも稀ではない。その中で、克己心を持ち、平常心を持ち、後で振り返ってつじつまの合わないことを言わないのは、容易ではない。

 

私はその社員に合う日は普段摂らない高カロリーの外食をするのに、体重が1キロは減るぐらいだ。それぐらい、エネルギーを消耗し、魂を消耗する、難易度の高いことなのだ。

 

人は、喋らない方がいい場合もある。例えば一年間、口数が少ない人がいたとする。その人に係る人々は、陰でこそ噂話をしたり、妄想はするが、実際のところは、彼の素性を知らない。主張も、言い訳もしない彼に対し、人々は半信半疑になるのは当然だ。

 

だが一年経ったある日、彼の口数が少ない理由を知った。彼は以前、自らのお喋りでもって、嫌な体験をしたというのだ。友人だと思っていた親しい人間に、軽く扱われたのだ。

 

だがそれは当然、自分が蒔いた種だった。自分の口が軽く、軽薄で、何でも冗談話に変えてしまうその明るい性格が、裏目に出たのだ。

 

彼としては、彼なりに周りの人々に、ストレスを与えないよう、配慮していたつもりだった。周りの人が嫌なことを忘れ、笑顔になれるように、努力していたつもりだった。

 

彼は失望し、友人を失い、今に至っていた。自分が蒔いた種だったのだ。

 

それを聞いた新しい人間関係の人々は、彼をどう思うだろうか。それでも自分たちを軽んじたと思うだろうか。それとも、重んじたと思うだろうか。

 

彼はその後も、口数は少ないままだが、益々人として尊重され、丁重に扱われたのだ。自分たちとの関係に、そこまで深い理由づけをしてくれていたことに気づき、人々は感動を覚えていた。

 

(大切にされるって、こういうことなのかもしれない)

 

そう思う人も、いたのだという。それも、自分が蒔いた種なのだ。人は、喋らない方がいい場合もある。

 

 

参照:『コヘレットの書 第5章』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

18.『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

キリスト『口は災いの門。喋るのを慎んだ方が良い場合がある。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『自分の仕事を心から楽しむ。これ以外に人の幸福はない。』

 

『未曾有などない。あるのは不変のリズムだけだ。』

 

『理不尽な世の中や、その流れに身を任せ、支配されてはならない。』

 

『人間には心ゆくまで人生を満喫する権利がある。だが…』

 

『刹那的な快楽に支配されて身を任せるなら、それと引き換えに悔いの残る人生を生きろ。』

 

『お洒落をしてもいい。異性を気にしてもいい。だが、決して忘れてはならないことがある。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP