名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『死体は、目を逸らす物体ではない。内観へのきっかけである。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

確かに死体を見るのは辛い。だが、そういう時も、選択肢が他にもあることを知るべし。それが、『内観のきっかけにする』という発想である。

 

反省⇒猛省⇒内省⇒内観(瞑想)。

 

この順番で人は自分の心と向き合う本気度が決まるわけだが、その『内観』をすることは、人生に大きな衝撃を与える。これは、宗教うんぬん関係ない。私は生涯どこの宗教にも属すつもりはないが、この『内観』を経験した人間である。

 

だからこそ断言しよう。想像を絶する効果が、内観にはある。まずは四の五の言わずにやることだ。やらないうちは、永久にその意味を理解することはないだろう。やれば私の今の心境を理解するだろう。

 

(とてつもない効果を得た。だからあんなに豪語していたんだ。しかし、彼が言っていたように、これはやらない限り、理解できないだろうなあ。)

 

それが今の私の心境と同じ、心境である。

 

 

 

参照:長部経典『大念処経』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

6.『自分の心と向き合った人間だけがたどり着ける境地がある。

孤独な時間を『孤高の時間』に昇華させることが出来るかどうかだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『死体は、目を逸らす物体ではない。内観へのきっかけである。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『未練。これこそは、人間の醜い心の在り方。』

 

『3が来たなら、その前に1と2があったはずだ。それを理解すれば支配はすぐそこだ。』

 

『五蘊盛苦(ごうんじょうく)。それすなわち、代表する5つのパーツ全てに、苦しみが満ちている悟り。』

 

『求不得苦(ぐふとくく)。それすなわち、実現不可能な願望に心を奪われ、苦しむこと。』

 

『愛別離苦(あいべつりく)。それすなわち、人生は自分の思い通りにならないという悟り。』

 

『怨憎会苦(おんぞうえく)。それすなわち、生きていれば嫌われることも苦しむことも避けられないということ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP