名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『その欠乏感を解消するのは簡単だ。執着をやめるだけだ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

執着しているから『欠乏している』と考えるのだ。もう、それだけである。それ以上余計なことは言わない方がいいだろう。

 

(でも) (もし) (だって)

 

いくらでも言うといい。無限にある。

 

だが、話はもう終わっている。

 

 

参照:長部経典『大念処経』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『その欠乏感を解消するのは簡単だ。執着をやめるだけだ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『死体は、目を逸らす物体ではない。内観へのきっかけである。』

 

『3が来たなら、その前に1と2があったはずだ。それを理解すれば支配はすぐそこだ。』

 

『五蘊盛苦(ごうんじょうく)。それすなわち、代表する5つのパーツ全てに、苦しみが満ちている悟り。』

 

『求不得苦(ぐふとくく)。それすなわち、実現不可能な願望に心を奪われ、苦しむこと。』

 

『愛別離苦(あいべつりく)。それすなわち、人生は自分の思い通りにならないという悟り。』

 

『怨憎会苦(おんぞうえく)。それすなわち、生きていれば嫌われることも苦しむことも避けられないということ。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP