名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『酒?誰が飲んでいいと言い出した。それは人間である。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

酒、つまりアルコールを摂取するということは、一言で言うと『せっかく照準を合わせて整えたものを崩す』ということである。

 

  • 理性
  • 健康パラメーター
  • 神経回路
  • 支出
  • 信用
  •  

    人は、前述したようなステータス(状態)を常に適正なものに整理、管理、コントロールしている。これらは適正に、正常に整っていれば自分に害を及ぼさないが、これが照準・基準からブレると、たちまちのうちに自分に害を及ぼす。

     

    飲酒をして内臓を壊した者も、飲酒をして家族を失った者も、飲酒をして人を轢いた者も、つまり、飲酒をして人生を『狂わせた』人は皆口を揃えて、『自分は大丈夫だと思った』と言う。

     

    そして、狂わせたのだ。狂わせた。つまりそれは、『せっかく照準を合わせて整えたものを崩す』ということ。自分の家族、積み上げた仕事、人の人生、繋がれた命、その全てを崩して狂わせる原因となる毒素を飲む。

     

    そりゃあ、人は時には『飲まなきゃやってられない!』と言いたいこともあるだろう。だが、もしアルコールが非合法になったら、飲むだろうか?

     

    もし『合法だから飲む。非合法なら飲まない。』と言うのであれば、酒とあなたとの関係は、その程度のものなのだ。依存するのも、今すぐやめることが出来るはずだ。

     

     

    参照:長部経典『六法礼経』

     

    ※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア

     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    30.『人間は今、『最高到達地点』にいない。

    その『真理』は誰から見ての真理だ。人間なら当然完全ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

     

    黄金律

    『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

     

    黄金律

    『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

     

    黄金律

    『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

     

     

     

    ブッダ『酒?誰が飲んでいいと言い出した。それは人間である。』


    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

    スポンサーリンク

     

    広告

     

    ↑ PAGE TOP