名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『勝って奢らず、負けて腐らず。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

批判されても、称賛されても、自ら鍛え上げた克己心でもって、平常心を忘れてはならない。批判されてくよくよすることがマイナスだということはわかるが、称賛や、尊敬をされていい気になるのも、実はマイナス要因なのだ。

 

勝って兜の緒を締めよ』という言葉の意味はどういうことかというと、

『戦いに勝って、ほっと一息ついて兜を脱いだとき、ふいに敵が襲ってくるかもしれないから、勝ったとしても油断せず、さらに用心せよ』

 

という意味だ。そしてそれならもう一つの解釈ができるが、

『戦で、勝負に勝ったのはいいが、勝利の美酒に酔いしれ、兜をしているのをわすれ、許容範囲を超えた体勢を取ってしまい、兜が後ろにずり落ち、あるいは敵に引っ張られ、それをささえる紐で首を絞められて死んだ』

 

という、なんとも残念が事態があったことも想像できるわけである。

 

これでわかるだろう。 ”喜ぶ”のは良い。だが、”奢る”のはダメだ。 ”悔しがる”のはいい、”腐る”のがダメなのだ。それらを理解すれば、自分の心はコントロール出来るはずだ。

 

 

参照:経集702

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

20.『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。

得意になっているとき、自分の足下はどうなっているだろうか。それが答えだ。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

ブッダ『勝って奢らず、負けて腐らず。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『内弁慶に成り下がるな。』

 

『最低の人間とは』

 

『仕返ししたら負けだ。負けたいならすればいい。』

 

『自我を支配し、それを”延長”させるな。』

 

『無敵のバリアを手に入れよ。』

 

『幻に浸りたければ、みんなからの評判に耳を傾けよ。』

 

『平等に考えよう。公正に考えよう。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP