名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『その”穏やかさ”は、本物か?偽善か?』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

例えば、裕福な家庭に生まれ、温かい家庭にも恵まれたある一人の少年が、とある穏やかな秋の快晴の青空の下で、大好きなペットと遊ぶとき、あるいは最愛の恋人とおしゃべりをするとき、人は、どうして”激昂”できるだろうか。そこで”穏やか”な態度をふるまえるのは、本当に自分の器の成す人格からだろうか。それとも、 ”外部の力”のおかげだろうか。

 

人の真価が問われるのは、むしろその逆の状況下だ。

 

『あの人の子供なんて顔も見たくない』

 

そういう理不尽な都合で親に捨てられた孤児が、孤児院でも不遇の虐待を受け、脱走し、人生のあらゆるストレスから逃避するかのように、生きるために、盗みや罪を犯しながら生きながらえる。

 

ある土砂降りの日、住みかにしていた、とある廃れた廃墟に戻ると、何者かに住みかを荒らされ、唯一のパートナーだった野良犬のハチが無残にも殺されていた。心ない近所の悪ガキどもがやったのかもしれない。

 

彼は、何を思えばいいのか。その後の人生を、どう生きていけばいいのか。倫理が捻じ曲がり、心が歪曲し、生きる意義を見失い、愛にさえも見放された彼を、誰が責め、そして救うことができるというのか。

 

自分は、”穏やか”?一体、どの状況下で言っているつもりだろうか。あなたがもし、不快な状況下でも怒らずにいられるのであれば、『真に温和で優しく冷静な人』と呼ばれるにふさわしい。

 

 

参照:中部経典『鋸喩経』

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『その”穏やかさ”は、本物か?偽善か?』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『たとえのこぎりで手足を切断されても、自分を見失うな。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP