名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > > >

 

ブッダ『他人を困らせ快感を得るのなら、それと引き換えに悔いの残る人生を生きろ。』


ブッダの言葉


仏教の開祖 釈迦(画像

 

この世では、他人を困らせることもできる。

 

動物や虫や植物を見下すこともできる。

 

異臭のする汚物を巻き散らかすこともできる。

 

盗むことも、殺すこともできる。

 

好きにすればいい。

 

だが、覚えておかなければならない。

 

『自分の身の回りで起きたことは、すべて自分の責任』

 

である。

 

理不尽な他人のせいではない。

 

無責任な親のせいではない。

 

矛盾だらけの世の中のせいではない。

 

それをして1分後、一か月後、あるいは10年後、何が起きても、自分が蒔いた種だと受け止める覚悟があるのなら、好きにすればいいのだ。

 

麻薬に似ている。

 

確かに麻薬は一時的に自分に快楽をもたらす。脳内には報酬系物質のドーパミンが放出されていて、恋愛、SEX、好物の食事、迷路を抜けたとき、試練を達成したときの、あの達成感、充実感、幸福感、それらと同じ現象が、たしかに脳内で起こる。煙草も同じだ。だが、それは所詮不相応で、無理やり作った幻にすぎない。

 

麻薬をやっているとき、他人はあなたの扱いに困っている。他人を困らせてでも快感を得るのなら、覚悟しなければならない。

いずれ自分の身が滅びることを。

 

 

参照:法句経291

 

※これらの言葉は参考文献や史実に基づき、オーナーが独自の見解で超訳し、自らの生きる糧、自らを戒めるため、内省の為に日々書き留めたものです。史実を正確に把握したい方は正当な書物をご覧ください。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

15.『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。

確かに人間は、闘わなければならない。だが、その相手は『外』にはいない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人間には聖性と魔性の両面がある。聖性を優位にし、魔性を劣位にする、という闘いこそがジ・ハード(聖戦)なのである。』

 

 

 

ブッダ『他人を困らせ快感を得るのなら、それと引き換えに悔いの残る人生を生きろ。』


偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

スポンサーリンク

 

同じカテゴリーに属する他の記事


『見栄とプライドの意味をはき違えるな。』

 

『外ではなく、”内”を観ることができるかどうか、問われている。』

 

『自分を傷つけるのは他人?環境?はたまた運命?…違う。自分自身だ。』

 

『人の態度は自分の心を映した鏡だ』

 

『他人を困らせ快感を得るのなら、それと引き換えに悔いの残る人生を生きろ。』

 

『手柄を捨てろ。手柄に執着することは、愚かである。』

 

『自分の中に棲む”負”を負かせ。』

 

『多くの人は、真に強く、智慧ある人がどういう人か知らない。』

 

『言い争いに巻き込まれる必要はない』

 

『まさかそのゴミに蓋をすれば、掃除したと思っているわけではあるまい。』

 


広告

 

↑ PAGE TOP