『後悔したくない方』はこちら

『AGAクリニック・皮膚科・育毛サロン』のどれが一番薄毛治療に有効?

育毛サロンとAGAクリニックの違い

では『育毛サロン』はどうでしょうか。育毛サロンとは、頭皮のケアを主に行う場所であり、AGA(男性型脱毛症)の治療を行う場所ではありません。『AGAクリニック』とは、AGAの治療を主に行う場所であり、頭皮のケアだけを行う場所ではありません。そう考えると、間違いなく優劣をつけるなら、

 

  • 育毛サロン<AGAクリニック

 

ということになります。育毛サロンはもはや、一昔前の時代の育毛対策の名残と言っていいかもしれません。

 

  • アートネイチャー
  • アデランス
  • バイオテック
  • リーブ21

 

誰もが聞いたことがあるこれらの育毛サロンは、広告費を使っているから『聞いたことがある』のです。ということは、『聞いたことがある会社=お金をたくさん持っている会社』ということになりますので、これらの会社の規模は大きく、売り上げは大きいということになります。

 

しかし、だからといってそれが『=良質な会社である』ということにはなりません。『ビッグカンパニー=グッドカンパニーではない』からですね。これは少し考えれば誰もがわかることですが、世の中の人は『どうでもいいこと』は深く考えませんので、自分にとってどうでもいい、これらの会社のことは、『認知度』でその評価をしてしまうことがあります。

 

例えば、東京弁護士会は2017年10月11日、アディーレ法律事務所を業務停止2カ月、元代表の石丸幸人弁護士を業務停止3カ月にしたと発表しました。事実と異なる宣伝を繰り返したことが理由ですね。

 

ニュース記事にはこうあります。(弁護士ドットコムニュース編集部)

アディーレは2016年2月、「債務整理・過払い金返還請求」をめぐる広告について、消費者庁から広告禁止の措置命令を受けていた。東京弁護士会は、この広告が景品表示法に違反するとともに、日弁連の規定などにも抵触すると判断。「実際の取引条件よりも有利であると一般消費者を誤認させる」として、「極めて悪質な行為」「長期間にわたって多数回反復継続されている組織的な非行」と強く批判している。

 

多額の広告費を使えばテレビCMが打てます。すると、嫌でも世の多くの人の耳にその会社名や商品名が入ってくることになります。しかし、その認知度と企業の価値が比例するということであれば、こういうことは起きません。

 

先生

もちろん育毛サロンも、育毛ケアをするということであれば効果があるよ!ただ、AGA治療なら専門のクリニックの方がいいよね!
たしかに!

ハニワくん

ビッグカンパニー=グッドカンパニーではない

その他にもいくつも私はそういう例を知っています。とある廃品回収業者であれば、業界一ネットで有名な会社の社長、廃棄物処理法違反で逮捕されました。売上を上げるために廃棄物を不法投棄、あるいは、お客から高くお金を巻き上げていたんですね。

 

 

また、とある有名なキャッチフレーズで有名になったある石鹸の場合は、『被害者の会』が立ち上げられ、問題になりました。肌荒れを起こした人が続出したんですね。おかげでその有名なフレーズを言った女優にまで多少の負のオーラがつきまとうようになってしまいました。

 

『ビッグカンパニー=グッドカンパニーではない』のです。ですから、前述した育毛サロンが、有名だからといって、=いい場所だとは限らない、という観点を持つことが非常に重要です。多くの人が持っている感想として、

 

それらの企業HPには、料金が明確に書いていない…

計算すると年間で200万円以上かかるケースもあって拒絶反応が出る…

 

と、育毛サロンにはいいイメージはないようです。

 

先生

ビッグカンパニーの中にはもちろんグッドカンパニーもあるよ!ただ、その図式が成立しないってことだね!
必ずしもってことっすね!

ハニワくん

育毛サロンは『医療機関』ではない

ただし、テレビを観ていると、最近では前述したような育毛サロンのテレビCMではなく、AGAクリニックのCMをよく観るようになった印象があります。もう少し立てばこの認知度の立場も逆転するかもしれませんね。

 

その理由はやはり、育毛サロンが『頭皮のケア』がメインであり、AGAクリニックは『AGA治療』がメインであることから、確実に薄毛が改善されるのはAGAクリニックだからですよね。つまり、育毛サロンは『医療機関』ではないので、内服薬・外用薬の処方といった治療行為は行えないのです。しかし、AGAクリニックはそれができます。それが大きな違いですよね。

 

1 2 3 4 5 6 7