『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

一日一粒の梅干しで発毛が期待できる?その噂を徹底解明!

一日一粒の梅干しで発毛が期待できる?

梅干しによって唾液が出ます。

唾液には、パロチンという唾液ホルモンが含まれています。このパロチンが心身のさまざまな機能を若返らせ、ペルオキシダーゼが活性酸素を抑え、髪の毛にとっていい影響を与えてくれます。

 

そのパロチンが若返らせてくれる皮膚ですが、それには当然『頭皮』も含まれます。頭皮には毛細血管や毛母細胞がありますから、髪の毛の土壌であるそれが若返れば、髪の毛は元気でいられることができます。

 

またペルオキシダーゼが活性酸素を抑えてくれれば、コラーゲンが老化しないで済みます。コラーゲンが老化すると、同じように毛細血管や毛母細胞が老化することになりますから、髪の毛の土壌であるそれが老化することを防げるということは、元気な髪の毛を維持できることに繋がるわけですね。

先生

梅干しはクエン酸が含まれているから酸っぱいよね!でもその酸っぱさが様々な恩恵を与えてくれるんだ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

梅干しに『亜鉛』が含まれている…?

 

一日一粒の梅干しが髪の毛にいい影響を与えるという噂は、梅干しに含まれる『亜鉛』の影響だという根拠からきているようです。では、梅干しに含まれる亜鉛の要素を見てましょう。

 

カロリーSlismにはこうあります。

梅干し1個(10g)の栄養素 ビタミン

ビタミンA 0.7jg
ビタミンE 0.03mg
ナイアシン 0.04mg
ビタミンB6 0.01mg
葉酸 0.1ug
パントテン酸 0.01mg
ビオチン 0.07ug

 

梅干し1個(10g)の栄養素 ミネラル

ナトリウム 870ug
カリウム 44mg
カルシウム 6.5mg
マグネシウム 3.4mg
リン 2.1mg
0.1mg
亜鉛 0.01mg
0.01mg
マンガン 0,02mg
ヨウ素 0.3ug
クロム 0.3ug
モリブデン 0.1ug

 

梅干し1個(10g)の栄養素 その他

食物繊維 0.36g
食塩相当量 2.21g
参考 梅干しカロリーSlism

 

多いのは、

 

  • ナトリウム
  • カリウム
  • 食物繊維
  • 食塩

 

であって、亜鉛は1粒につき0.01mgしか入っていません。下記の記事に書いたように、

 

 

牡蠣やユーグレナの緑汁ならこれだけの量が入っていますが、

 

 

100g中の亜鉛含有量

牡蠣 13.2mg
ユーグレナの緑汁 75mg

 

梅干しはこれと同じ量の10粒(100g)を食べたとしても、0.1mgしかありませんからね。牡蠣はその130倍、ユーグレナの緑汁は750倍も亜鉛が含まれています。したがって、『梅干しには亜鉛が含まれるから髪の毛にいい影響を与える』というのは間違った情報ですね。

 

先生

ネット上の情報にはでたらめもあるからしっかりと専門書を見て調査してみたよ!梅干しには大して亜鉛は入っていなかったね!
うーむ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『梅干しには亜鉛が含まれるから髪の毛にいい影響を与える』というのは間違った情報。

梅干しと言ったら亜鉛というよりも『クエン酸』

亜鉛と髪の毛については下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

髪の毛の99%の成分を占めるケラチンはたんぱく質の一種ですが、たんぱく質からケラチンに変換されるには、亜鉛が必要なのです。ですから、その亜鉛が多く含まれる牡蠣やユーグレナの緑汁を摂取したいということが、育毛に食事面における強力なテーマの一つなのですが、梅干しには満足できる量の亜鉛は含まれていません。

 

薄毛

 

 

Web上のサイトにはそういう間違った情報が散乱していますので、注意が必要です。まあ、私も以前は根拠のない話を信用したり、あるいはそれを鵜呑みにして情報を発信したこともありますが、時代の進化とともに成長していかなければなりませんね。見るべきなのは以下の記事です。

 

 

梅干しと言ったら亜鉛というよりも『クエン酸』です。これは栄養のことを少し勉強している人なら常識なので、最低限それくらいのことは押さえておかなければなりません。

 

中学時代あたりから、部活の途中で保護者たちが『レモンの砂糖漬け』などを作って、クエン酸とブドウ糖で子供たちの体力を回復させるよう応援したり、あるいは、アスリートたちが毎朝アルカリ性の梅干しを食べ、酸性に傾いて酸化しやすくなる体をアルカリ性に変え、疲労と老化を防ぐという知識も、少しアンテナを栄養学に伸ばしていたら気づくことですからね。

 

 

『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

梅 有機酸が豊富で疲労回復や整腸作用に有効

 

生の梅の実には有害な青酸化合物が含まれていますが、梅干しなどに加工するとこの成分は失われます。梅干しのすっぱさはクエン酸やコハク酸などの有機酸で、疲労回復効果があります。ただし、塩分が多いので食べすぎには注意しましょう。

 

体内のおもな働き

  • 消化酵素と唾液の分泌を高めて胃腸の調子を整え、食欲を増進します
  • カルシウムや鉄の吸収を促し、骨を丈夫にしたり、貧血予防にも
  • 二日酔いや便秘、神経痛の緩和など

 

これが梅(梅干し)の原則的な情報ですね。また、クエン酸も髪の毛にいいという情報がありますが、クエン酸は髪の毛にとって有効な栄養素ではなく、疲労回復にとって有効な栄養素なので、これはあまりピックアップできるようなものではありません。

 

先生

梅干しに亜鉛が含まれているということも、クエン酸が髪の毛にいいということも、確かに事実かもしれないけど、そこはピックアップするほどのことじゃないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 梅干しと言ったら亜鉛というよりも『クエン酸』。
  • クエン酸は髪の毛にとって有効な栄養素ではなく、疲労回復にとって有効な栄養素。

梅干しと髪の毛の関連性は?

それよりも梅干しと髪の毛を結び付けて考えるなら、下記のキーワードの方に注目するべきです。

 

  • 貧血予防
  • 便秘の緩和

 

貧血と便秘を予防することは、薄毛の予防につながるんですね。それについては下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

STEP.1
便秘・頭痛・腰痛・虫歯になる
 
STEP.2
血液がドロドロになる

STEP.3
髪の毛に酸素や栄養素が回らなくなる
 
STEP.4
薄毛になる
 

 

 

有機酸(クエン酸、コハク酸)がカルシウムや鉄の吸収を促し、貧血を予防し、食物繊維が便秘の改善につながっているんですね。そうした考え方なら『クエン酸が髪の毛にいい』と言えますが、ただ単に『クエン酸が髪の毛にいい』と説明しても伝わりませんからね。それに、貧血を予防しても、そう著しくは薄毛予防に効果があるともいえません。

 

それよりも注目したいのは、『唾液』ですね。梅干しを食べると唾液が出ますが、その唾液にあるパワーには注目する必要があります。

 

『図解 むし歯 歯周病の最新知識と予防法』にはこうあります。

唾液パワーで若々しさを保つ『アンチエイジング歯科』

 

若々しさを保つ秘訣は、唾液パワーにあります。唾液は虫歯や歯周病予防にも力を発揮しますが、その成分には、皮膚や骨、脳など全身の細胞の新陳代謝を促したり、気力や活力を生み出したりと、心身のさまざまな機能を若返らせる『パロチン』という唾液ホルモンが含まれることがわかってきました。『ペルオキシダーゼ』という成分には、発がん物質によって産生される活性酸素を抑える働きもあります。

 

パロチンが心身のさまざまな機能を若返らせ、ペルオキシダーゼが活性酸素を抑える。これなら、髪の毛にとっていい影響を与えてくれそうですね。

 

先生

貧血と便秘は意外と薄毛に関係しているんだ!虫歯もなんだよ!また、頭痛や腰痛もなんだ!
血行不良っすね!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 貧血と便秘を予防することは、薄毛の予防につながる。
  • パロチンとペルオキシダーゼが髪の毛に良い影響を与える。

パチロンとペルオキシダーゼが毛母細胞のある皮膚を強化する

まず、そのパロチンが若返らせてくれる皮膚ですが、それには当然『頭皮』も含まれます。頭皮には毛細血管毛母細胞がありますから、髪の毛の土壌であるそれが若返れば、髪の毛は元気でいられることができます。

 

またペルオキシダーゼが活性酸素を抑えてくれれば、コラーゲンが老化しないで済みます。コラーゲンが老化すると、同じように毛細血管や毛母細胞が老化することになりますから、髪の毛の土壌であるそれが老化することを防げるということは、元気な髪の毛を維持できることに繋がるわけですね。

 

STEP.1
加齢によってコラーゲンが減少する
更に活性酸素が頭皮を酸化させ老化させる。 
STEP.2
更にコラーゲンんが減少する
 
STEP.3
土壌が老化することで髪の毛が弱弱しくなる
 
STEP.4
薄毛や細い毛の原因となる
 

 

また虫歯予防にもなりますから、それも結果的には髪の毛にいい影響を与えます。虫歯によって血流不全が起きますから、それは髪の毛に悪い影響を与えますからね。

 

 

また、この唾液パワーの効果を得ようとしたら、『食べ物をよく噛む』ということが大事です。よく噛むことで唾液の分泌は10倍になりますし、それ自体が顔の肌や粘膜のコラーゲン、骨のカルシウムを増やし、口周りの筋肉も鍛え、健康な歯と、健康な肌、髪の毛を作るのに役立ちます。

 

 

  • 適量の梅干しを食べる
  • 食べ物をよく噛む

 

この2つのポイントを押さえれば、髪の毛にもいい影響を与えることができそうです。また、『適量の』ですから、過剰摂取には気を付けましょう。前述した通り、梅干しには塩分が非常に多いので、注意が必要です。

 

塩分に関しては下記の記事に書いたことがそのまま引用できます。

 

 

ラーメンには、塩分を大量に使っていることが多いのです。塩分を大量に摂取すると、体内のナトリウム濃度が高くなり、その濃度を下げようとして皮下組織に水分が集まってきます。

 

 

そして、その水分がやってくるのは『大腸』です。便には70~80%の水分が含まれているが、そこからさらに水分を吸い取り、皮下組織に移動させようとします。そうすると、便が固くなり、便秘がちになります。

 

STEP.1
ラーメンを食べる(塩分を摂る)
 
STEP.2
塩分の濃度を下げようとして皮下組織に水分が集まる
 
STEP.3
大腸から水分がなくなり便が固くなる
 
STEP.4
便秘になる
 

 

食物繊維が入っているからチャラになると思うかもしれませんが、ナトリウムは高血圧の原因にもなりますので、違う問題が出てきてしまうんですね。(厳密には下記の記事に書いたように、塩分の過剰摂取というよりは『ナトリウム』の過剰摂取に注意が必要です。)

 

ラーメンの問題点
  • 高塩分
  • 高脂質
  • 過酸化脂質
  • 発がん性物質

 

梅干しで一番多いのはこのナトリウムですから、その点だけは注意して適度な量を食べるようにしましょう。

 

 

先生

梅干しには髪の毛にいい影響を与える効果があることがわかったね!これ一つだと対策として足りなくても、塵も積もれば山となるからね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • パチロンとペルオキシダーゼが毛母細胞のある皮膚を強化する。
  • 唾液パワーの効果を得ようとしたら、『食べ物をよく噛む』ということが大事。
  • 適量の梅干しを食べる、食べ物をよく噛む、この2つが髪の毛にいい影響を与える。
  • 梅干しの食べすぎはナトリウムの過剰摂取に繋がり、便秘の原因となる。