『ヒト』を最適化しよう。

コラーゲンとビタミンは薄毛に効果的?ビタミンCは塗布しなければ効果がないの?

ビタミンCと髪の毛

ビタミンCが髪の毛にいいと言われている理由は、ビタミンCが持つ働きが結果的に薄毛の予防や育毛促進を助けるからです。ビタミンCの体内でのおもな働きは、

 

  • 活性酸素を除去する
  • コラーゲンの生成を促進する
  • 免疫力を高める
  • 抗ストレスホルモンを合成する
  • 神経伝達物質を合成する

 

ですが、一つ一つ見ていけば、なるほど育毛に効果があるということがわかります。

 

活性酸素を除去する

『あたらしい栄養事典』にはこうあります。

ビタミンC

 

活性酸素を消去して過酸化脂質の生成を抑え、動脈硬化や脳卒中などを予防したり、免疫力を高めて、かぜなどの感染症やがんの予防にも力を発揮します。鎮静作用のある神経伝達物質ストレスに対抗するホルモンの合成にもかかわります。また、喫煙で多くのビタミンCを消費することがわかっています。

 

まず、

 

  • 活性酸素
  • 過酸化脂質

 

については下記の記事に書きましたので併せてご確認ください。

 

『プロテイン・たんぱく質・アミノ酸・生卵』の摂取はハゲる原因?それとも育毛対策?

 

これらは全て薄毛の原因となりますので、これを予防することができるだけで、すでにビタミンCは育毛効果があります。また、<

  • 鎮静作用のある神経伝達物質
  • ストレスに対抗するホルモン

 

を合成するということは、下記の記事とリンクします。自律神経やストレスを調整するということは、髪の毛にとっても関係が深いのです。特に女性はそうですね。ストレスでホルモンバランスが崩れればFAGAやびまん性脱毛症になる可能性が高くなります。

 

STEP.1
ストレスを負う
STEP.2
血行不良になる
ホルモンバランスを崩す。
STEP.3
薄毛の原因となる
 

 

そのビタミンCはタバコによって失われてしまうので、下記の記事と併せて読むと、タバコというのは本当に有害性の高い嗜好品ですね。

 

『ノンカロリー・カロリーゼロ食品、人工甘味料、食品添加物』は頭皮に悪影響を与える?

 

先生

ビタミンCは本当に人間にとって欠かせない栄養素だからね!毎日、常に、定期的に補充していくことが問われるよ!一気にはダメなんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

コラーゲンの生成を促進する

それから『コラーゲンの生成を促進する』ということですが、それについては前述したとおりですね。ビタミンCはこれだけコラーゲンの生成にとって重要な役割を果たしているのです。ですから、ビタミンCを摂ることは髪の毛にとてもいい影響を与えるのです。それは間違いない事実です。

 

先生

ちなみに、このコラーゲンも口からの摂取じゃ届けたい場所に届けられないよ!なかなかうまくはいかないもんだね!
フカヒレスープはうまいっす!

ハニワくん

サプリメントによる過剰摂取に注意

ただ、その摂取の仕方ですが、それには条件があります。

 

『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

むやみに大量に摂取すればいいわけではない

 

ビタミンCのさまざまな効用がいわれるようになり、いまでは食べ物だけではなく、ビタミン剤やサプリメントなどで手軽にたくさんのビタミンCを補給する人が年々増加しています。しかし、2000年4月、米国科学アカデミーの『ビタミンCやEの錠剤を大量にとっても健康によいという証拠はなく、むしろ害を及ぼす恐れがある』という報告は、ビタミンの大量摂取に一石を投じました。

 

またビタミンCについては、錠剤での大量の摂取は下痢を引き起こすともいわれています。一方で、野菜や果物からの摂取は、これまで以上に必要だと報告されています。

 

私もサプリメントでビタミンCを摂っているからわかりますが、下痢になることは間違いありません。私の場合はその下剤効果を逆に利用して、朝にマルチビタミン&ミネラルと一緒に飲んで、便意を促す手段として使っていますが、うまく使わないと単なる下痢になり、排便が滞ることになります。

 

また、この『ビタミンCやEの錠剤を大量にとっても健康によいという証拠はなく、むしろ害を及ぼす恐れがある』という、ビタミンCの過剰摂取の副作用は下痢ですが、ビタミンEに関しては『がん』です。それについてはまた違う機会に詳しく書きますが、ビタミンEなどの抗酸化作用のあるサプリメントを摂ると、がんに罹るリスクが高くなります。

 

STEP.1
抗酸化作用のあるサプリメントを摂取する
 
STEP.2
ガン細胞が活性化する可能性がある
 
STEP.3
医師の間では抗酸化サプリは危険視されている
 

 

主にベータカロチン(ビタミンA)がそうなのですが、ポリフェノールやビタミンEも同じように抗酸化物質ですから、サプリメント等で気軽に摂取することは、医師たち専門家は首をかしげる現実があるのです。

 

 

しかし、野菜や果物から摂取するのは強く推奨されています。その理由は単純に『過剰摂取を防げる』ということですね。また違う本にも同じように書いてあります。『サプリメントでは過剰摂取に繋がり危険』だと。やはり、自然で天然のものを食べるのが一番健康にいいということですね。

 

  • 人工甘味料
  • 科学調味料
  • 保存料
  • 食品添加物
  • 農薬

 

こういったものはやはり、『体に良い』ということではないですからね。違う目的で尽くされたものですから、『体に良い』ということは二の次になっているということを理解する必要があります。

 

STEP.1
食物を保存する
 
STEP.2
保存料を入れるか凍らせて防腐する
 
STEP.3
食物の品質が下がる
しかし防腐しなければ食中毒になる。

 

先生

抗酸化作用のある栄養素には、ビタミンEやコエンザイムQ10、アスタキサンチンなどがあるけど、とりあえずビタミンEやビタミンA(ベータカロチン)は危険だということだね!
うーむ!

ハニワくん

1 2 3 4 5 6 7 8