『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

女性の脱毛症『FAGA(女性男性型脱毛症』と『びまん性脱毛症』とその原因

女性の脱毛症『FAGA(女性男性型脱毛症』と『びまん性脱毛症』ってなに?

FAGA(女性男性型脱毛症)は、AGA(男性型脱毛症)のことです。

 

AGAの頭に女性を意味する『Female』のFをつけて、FAGAと呼んでいます。びまん性脱毛症は、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる脱毛症で、生え際からてっぺんにかけて、中心部に薄毛や脱毛が広がっていく症状です。AGAとは違い、ジヒドロテストステロンが原因ではない脱毛症です。

先生

女性の薄毛の場合、FAGAとびまん性脱毛症の2パターンが王道なんだね!2つはその原因が微妙に違うよ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

 

女性の場合もAGA(男性型脱毛症)になる。しかし女性の場合は、AGAの頭に女性を意味する『Female』のFをつけて、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ぶこともある。また、ホルモンバランスの乱れが原因で起こる脱毛症として、『びまん性脱毛症』もある。

FAGAの場合もAGAと原因は同じで、ジヒドロテストステロンが原因で脱毛が促進される。女性の血中のテストステロン濃度は男性の20分の1から10分の1と言われているが、やはりテストステロンが代謝物のジヒドロテストステロン(DHT)となって毛の成長を妨げ、ヘアサイクルが短くなって発症する。

 

遺伝子検査によって男性型脱毛症かどうかが判断できる理由は、ジヒドロテストステロンに対して感受性が強い(男性型脱毛症になる)体質と、感受性がない(男性型脱毛症にならない)体質が遺伝的に決まっているからだ。遺伝子検査によって、ジヒドロテストステロンに対しての感受性が判断できるので、その人が男性型脱毛症かどうかを判断できるという。

 

 

びまん性脱毛症は、女性によくみられる脱毛症で、生え際からてっぺんにかけて、中心部に薄毛や脱毛が広がっていく症状。原因はいくつかある。更年期を迎えるとホルモンバランスが崩れ、加齢も手伝って脱毛がすすむ。また、

 

  • パーマ、カラーリング
  • ドライヤー
  • シャンプーのしすぎ
  • ダイエット
  • ストレス

 

などが原因となって脱毛がすすむこともあるので注意が必要だ。あまり過度な負担をかけすぎないように意識することが大切。