『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

長時間スマホを使用すると若ハゲの原因となる?その対策や改善策とは!?

長時間スマホを使用すると若ハゲの原因になるの?

長時間スマホを使用すると眼精疲労が起き、血行が悪くなります。この血行不良が髪の毛に悪影響を与えます。スマホを長時間やるということは若い人に多いので『若ハゲの原因』ということでしょう。

先生

眼精疲労は血行不良だからね!血行不良自体が髪の毛に悪影響を与えるんだ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

スマホだけではない!眼精疲労が血行不良を招く

長時間スマートフォンを使用することによって、薄毛になってしまうという話があります。しかしそれは、単なる『キャッチーなタイトル』ですね。スマホを使用しただけでハゲてしまうと短絡的に解釈する人が出てしまうので、誤解を生みやすいテーマですね。

 

 

これは別にスマホだからということではありません。正確に言うと、『スマホなど』ということになります。つまり、

 

  • スマホ
  • 携帯電話
  • パソコン
  • 家庭用ゲーム
  • 携帯ゲーム
  • テレビ

 

これらすべての要素が『結果的に』薄毛を引き起こしかねない、ということなら、確かに一理あるということになるのです。ですから、『スマホを長時間やりすぎると若ハゲになる』というテーマで考えたとき、これらを長時間活用するのは往々にして『若者』なわけですから、結果的にそういう言い回しになるということですね。

 

しかし、なぜそれらを長時間使用することで薄毛になってしまうのでしょうか。一見すると全く関係ありませんよね。しかし、これらを長時間使用すると『眼精疲労』を起こします。その眼精疲労によって血液の流れが悪くなり、頭皮に栄養がいかなくなるのです。

 

 

血行不良については下記の記事に書きました。

 

 

その中から一部を抜粋しましょう。

 

『髪の悩みがみるみる解決する100のコツ』にはこうあります。

薄毛・抜け毛を解消する2台ポイントは毛母細胞の『血行促進』と『栄養補給』

 

抜け毛の直接的な原因は、頭皮の毛母細胞の働きが悪くなることです。髪の毛をつくる役目を持つ毛母細胞の働きは、加齢によって細胞自体が弱ったときや、食生活の乱れ、ストレス、頭の皮膚トラブル、生活習慣病、男性ホルモンの影響が強くあらわれたときに低下します。これが、脱毛や薄毛などの症状を引き起こします。

 

脱毛や薄毛を予防し、また解消するには、毛母細胞の働きを高める必要があります。そのポイントは2つあります。ひとつは髪によい栄養素をとること。もうひとつは栄養が十分に毛母細胞に行き渡るよう、頭皮に血行をよくすることです。

 

このようにして、頭皮に栄養を行き渡らせることが健康な髪の毛を維持する秘訣になるわけですね。薄毛に必要な食事、栄養に関しては、記事にたっぷりとまとめましたのでご確認ください。

 

眼の専門家も、まさにこのことについてピタリ助言をしています。『眼の疲れをとる本―眼精疲労を防ぐ・治す』にはこうあります。

携帯電話が眼精疲労を引き寄せる

 

三時間も四時間もぶっ続けで画面を見つめていれば、若年や壮年でも眼に異常をきたします。部屋を暗くしたままテレビを長時間見ている場合も同様です。ましてや、人間60歳ともなると、老人性白内障などが原因で眼機能が低下しているため、あっさりと視力障碍や眼精疲労を引き起こしてしまうのです。

 

(中略)

 

ちなみに、正常の人が見ることができる最短距離(近点)は、

 

  • 20歳で約12㎝
  • 30歳で約14㎝
  • 40歳で約25㎝
  • 50歳で約70㎝

 

です。年が若ければ若いほど近点は短く、たとえ眼が疲労しても回復が早いので視力は元に戻ります。作業を中断するか、一晩眠ればよいわけです。

 

眼精疲労による弊害は何も薄毛に限った話ではなく、単純にそのまま視力を落としてしまうことになりますので、気を付けるようにしましょう。

 

先生

スマホ、PC、ゲームといろいろあるけど、そういうテクノストレスが溜まるようなものはあまり長時間向き合うべきではないね!心にも悪影響を与えるよ!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • スマホ等を長時間使用すると『眼精疲労』を起こします。その眼精疲労によって血液の流れが悪くなり、頭皮に栄養がいかなくなる。

生命は生きるために環境に適応してきた

実は、視力というものはその人の生活によってカスタマイズされるものだという解釈もあります。例えばアフリカで狩りをするような人からすれば、遠くの獲物はハッキリ見えた方がいいわけです。しかし、都会で生活する人で、普段手元の書類やパソコンを見ることが多いという人は、そういう『遠くを見る力』は必要ないわけです。

 

かつて、クジラは水と陸、その二つの舞台で生活をしていた時代がありました。しかし、生き残るために海だけで生きるようになりました。ペンギンもそうです。ペンギンは元々、空を飛ぶ動物でした。しかし、空を飛ぶことで得る利益よりも、飛ばないで得られる利益の方が大きく、飛ばなくなりました。海に潜るようになったんですね。生きていくためにやむを得ずそうするしかありませんでした。

 

 

アリクイが、まるでアリだけを食べるために設計されているように見えるのもそうですし、この世を生きる生命というものは、なんとかして生き延びようとするため、強いられている、与えられている環境にどうにかして適応しようと努力するのです。

 

 

ですから、都会で生きる人たちが『遠くが見えない』としても、そこにあるのはそういった生命の自己防衛本能と『生き延びる知恵』があるとわかれば、そうショックはないかもしれませんね。

 

薄毛

 

ただ、ここで挙げたように、眼精疲労を起こすことは様々な問題を引き起こすわけです。薄毛の問題もそのうちの一つですね。十分に注意をして、対策をするようにしましょう。実際に取り返しのつかないことになる前に『前始末』をすることが大切です。

 

先生

地球の動物はどんどん図体が小さくなっているよ!マンモスとか恐竜とかはもういないでしょ!
最後にはひよこが残るっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 生命は生きるために環境に適応してきた。

ホットアイマスクで血行促進

本にも、その対策として『作業を中断するか、一晩眠ればよい』と書いてありますね。ですから何も難しい話ではありません。学校の授業が50分に一度5分か10分の休憩があるように、間に休憩を挟めばいいんですね。

 

最近では『ホットアイマスク』も出ているため、企業の休み時間に、それをしながら一休みする光景が当たり前になってきたようです。

 

 

『目年齢を若返らせる、視力がよくなる100のコツ―近眼・老眼・白内障・緑内障・黄斑変性など、いっぺんに解決』にはこうあります。

眼のトラブルだけでなく、冷えは万病の元、『3分急所温め』で目の疲れを解消する

 

人間の体温は、基本的に平熱が36度くらいだといわれています。ところが、最近は平熱が35度台という人が増えてきています。これは運動不足や乱れた食生活、女性では薄着が原因と考えられています。

 

東洋医学の視点で見ると、体温が上がらない状態は『陽虚(ようきょ)』の状態で、『気』と『血』が不足して全身のエネルギーや代謝が上がっている状態をいいます。これを放置すると『瘀血(おけつ)』に進みます。瘀血は、気も血も滞り、体の中に悪いものがたまってさまざまな病気の原因となるものです。

 

一方、西洋医学では、体温低下は免疫力低下につながるといわれています。免疫力低下は、ウイルス感染が増え、細菌やストレスにも弱くなり、新型インフルエンザなどにかかりやすいという、とても危険な状態です。ガン細胞も低体温によって増えるという見方もあります。

 

(中略)

 

つまり体温を上げておくことは、病気を遠ざけ、健康な生活を送るために必須なのです。そのためには、運動をして筋肉をつけ、栄養バランスのよい食事を摂り、寒さ対策をすることが必要です。そして、それと同時に行ってほしいのが『3分間急所温め』です。

 

この『3分急所温め』は、ホットアイマスクの登場によって誰でも気軽にできるようになりました。ホットアイマスクは、ホッカイロのように10分ほど40度近くまで温度が上昇し、眼精疲労を直接改善してくれるアイテムです。

 

私なども、実際このホットアイマスクを長年使用し続けていて、もうこれなしでは寝られないくらい愛用する日々が続きました。ゴミ箱はいつも使い捨てのホットアイマスクでいっぱいです。しかしそれほど効果が高く、目の疲れも取れるので重宝していました。

 

私は一日中パソコンを使って仕事をしますから、欠かせないんですね。本もたくさん読みますし、ゲームを3時間以上やることもあります。映画が好きですから、部屋を暗くしてたくさん映画を観ますし、何の対策も取らなければとっくのとうにここで挙げられている問題を引き起こしてしまっているでしょう。

 

しかし、私はそういう対策やケアをこの10年間取り続けているので、とくに視力が激減したり、血行不良によって薄毛になったりということはありません。ケアや『前始末』の大切さが身に染みてわかりますね。

 

先生

今ではホットアイマスクよりも経済的な、USBで温めるタイプのものを使用しているよ!一年間で10万円以上のコストダウンができたね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『3分間急所温め』で目の休養をする。

運動すると全身の血行が良くなり眼精疲労も改善される

また、本には、

 

  • 運動をして筋肉をつける
  • 栄養バランスのよい食事を摂る
  • 寒さ対策をする

 

というキーワードについても書いてありますが、末端冷え症でハウスダストアレルギーの私は、最後の項目こそ最善ではないものの、最初の二つもこの10年、常に最適化してきました。

 

運動も欠かしたことはありません。いつも仕事の合間に1時間は運動の時間を確保します。家で出来る仕事だからということもありますが、結論だけ言うと、それが結構目の疲れにも効いている気がしますね。

 

 

運動をして血行が良くなると、目の部分で凝り固まった血流も流れ出し、運動後はなんだかすっきりした気分でまた仕事に戻ることができます。また、食事に関しては下記の記事に薄毛と食事についてたっぷりと書きましたので、ご確認ください。

 

 

先生

やっぱり常に体中の血液の循環が良ければ、心身の様々な不調が吹き飛ぶよね!脳梗塞やなんかだって、その血管の滞りが原因だしね!EDもそうだし!
血管って大事っす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 運動をして筋肉をつける、栄養バランスのよい食事を摂る、寒さ対策をする。

『薄毛と眼精疲労』の両方に効く栄養素

また、参考書には様々な『目に効く料理』が書いてありますが、その中から『薄毛と眼精疲労』の両方に効く栄養素を一つ抜粋します。

 

『目年齢を若返らせる、視力がよくなる100のコツ―近眼・老眼・白内障・緑内障・黄斑変性など、いっぺんに解決』にはこうあります。

『アスタキサンチン』が活性酸素を抑制し、房水の循環を促して、緑内障を予防する

 

緑内障は白内障と並んで年配の人に多い目の病気です。人の身体は血液により酸素や栄養を取り込み、老廃物を排出していますが、水晶体や角膜などには血管がありません。血液にかわって酸素や栄養を送っているのが眼球を常に満たしている房水です。緑内障はこの房水が活性酸素によって詰まるのが原因といわれています。

 

鮭などの赤色の成分、『アスタキサンチン』はビタミンEの約1000倍もの高酸化力があるといわれています。また、バターに含まれるビタミンあは、涙の量を増やして目の粘膜を保護し、暗い場所でも眼が見えるよう光や色を感受する機能を助けます。この2つの食材を使ったのが、『鮭のバター焼き』です。

 

美味しい『鮭のバター焼き』が目と薄毛にいいということですから、積極的に食べていきたいですね。もちろん、バターの摂りすぎはよくありませんので、そのあたりはほどほどにしておきましょう。鮭だけでもいいわけですから。

 

 

なぜこうした抗酸化物資が薄毛にいいかというと、『活性酸素』というキーワードを考えるとすぐにわかってきます。

 

 

活性酸素は薄毛以外の様々な問題を引き起こすので、積極的に対処することが必要なんですね。

 

 

長時間のスマホやパソコン作業をすることは、現代を生きる人間として仕方ないかもしれません。しかし、そういった『常識』をひた守ろうとするのなら、

 

  • 栄養
  • 休養

 

の最適化を忘れないようにしましょう。

 

先生

鮭のムニエルって美味しいよね!もし太らないんだったら、脂の乗った鮭と、脂たっぷりのバターで焼いたムニエルを、毎日のように食べたいなあ!
太るっす!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 『鮭のバター焼き』が目と薄毛にいい。