『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

若ハゲの原因は男性ホルモン?テストステロンが薄毛を加速させるの?

若ハゲの原因は男性ホルモン?テストステロンが薄毛を加速させるの?

『AGA(男性型脱毛症)』の原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。

男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。しかし『若ハゲ』ということですが、ジヒドロテストステロンは成人するまでは性器形成の為に働いてくれる物質です。したがってAGAは圧倒的に成人以降になりやすいと言えるでしょう。

先生

AGAの原因はジヒドロテストステロンだけど、ジヒドロテストステロンは成人までは性器形成の為に働くんだ!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

テストステロンの量が多いとAGA(男性型脱毛症)になる?

若ハゲの原因の一つは男性ホルモンです。男性ホルモンというのは、テストステロンのことですね。テストステロンがあることによって、脱毛の原因物質を作りやすくなってしまうと言えます。

 

 

にも書きましたが、『AGA(男性型脱毛症)』の原因は『DHT(ジヒドロテストステロン)』です。男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用がありますが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられるわけです。

 

薄毛

 

しかし、下記の記事に書いたように、

 

 

『テストステロンの量が多い=ジヒドロテストステロンができやすい』わけではないため、男性ホルモンが多いからといって薄毛になりやすいというわけではありません。

 

薄毛

 

従って、下記の記事に書いたように、

 

 

性欲が強いからといってハゲるわけではないということですね。ですから、『男性ホルモンが薄毛を加速させる』とは言い切れません。あくまでも、男性ホルモン(テストステロン)が、還元酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンが生まれたとき、脱毛が促進されるというだけです。

 

薄毛

 

 

ですから、下記の記事に書いたように、

 

 

女性であってもジヒドロテストステロンによって薄毛になることがあります。女性の場合、血中のテストステロン濃度は男性の20分の1から10分の1と言われていますが、やはりそのわずかなテストステロンが代謝物のジヒドロテストステロン(DHT)となって毛の成長を妨げ、ヘアサイクルが短くなって発症するのです。

 

遺伝子検査によって、ジヒドロテストステロンに対して感受性が強い(男性型脱毛症になる)体質と、感受性がない(男性型脱毛症にならない)体質がわかりますので、気になる方は調べてみるのもいいでしょう。また、女性の場合はホルモンバランスが薄毛に影響しているので、下記の記事を見て理解を深めましょう。

 

 

先生

テストステロンは男性ホルモンで、それが5α-リダクターゼと結合してジヒドロテストステロンになるんだね!AGAの原因だよ!
なるへそ!

ハニワくん

この章のまとめ
  • テストステロンの量が多い=ジヒドロテストステロンができやすいわけではない。
  • 性欲が強いからといってハゲるわけではない。
  • 女性であってもジヒドロテストステロンによって薄毛になる。

女性が気にしたいエストロゲンという女性ホルモン

その記事に書いたように、女性の場合は『女性ホルモン』を考える必要があります。女性ホルモンと総称される代表的なものには、

 

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

 

の2つがあります。そのうちのエストロゲンは、女性っぽい体つきをつくるなどの働きをしますが、髪の毛の産生にも関わってきます。このエストロゲンが、40代くらいになると減少し始めるので、薄毛につながりやすいのです。年齢によって薄毛になるということが言われていますが、その背景にはこういう事実があったんですね。

 

 

また、分娩後なども同様です。出産によってもやはりホルモンバランスが崩れることが多く、エストロゲンの分泌の調節がうまくいかなくなることも多くなります。それゆえ、分娩後脱毛症なる現象が起きてしまうんですね。

 

ホルモンバランスが崩れる要因
  • 生理
  • 妊娠
  • 出産
  • 更年期
  • 閉経

 

『髪の悩みがみるみる解決する100のコツ』にはこうあります。

女性のヘアトラブルは『ホルモンバランスの乱れ』が原因。生活を見直し、適切なケアを

 

男性の薄毛や脱毛症などのトラブルは、食生活の乱れやストレスといった生活習慣によるものや病的なもののほかに、遺伝的な要素が大きいものです。しかし、女性の神のトラブルは遺伝的要素が男性ほど強くなく、ホルモンバランスの乱れが頭皮や髪に大きな影響を与えていることが多いのです。

 

ここでは『遺伝的な要素は関係ない』と言っていますが、先ほど言った『遺伝子検査によってジヒドロテストステロンに対して感受性が強い(男性型脱毛症になる)体質と、感受性がない(男性型脱毛症にならない)体質がわかる』という事実は存在しますので、そういう意味では遺伝的な要素はないがしろにはできません。

 

しかし、それよりも強く主張されるのが、ホルモンバランスの乱れなんですね。女性の場合は女性ホルモンが乱れると、皮膚に異常が出たり、あるいは肌に潤いが出たりするものです。

 

 

先生

しかし女性は本当にホルモンバランスを崩しやすい傾向にあるからね!女性が流動変化に敏感で、柔軟性があって、臨機応変で、秋の空と同じように移ろいやすいのもうなづけるね!
うーむ、たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • エストロゲンは40代くらいになると減少し始めるので、薄毛につながりやすくなる。
  • 分娩後や出産でもホルモンバランスが崩れる。
  • 女性はとにかくホルモンバランスに注意。

恋愛やSEXで女性ホルモンが活性化されるって本当?

ここで気を付けたいのは、よく言われている『恋愛やSEXによって女性ホルモンが活性化される』という事実です。

 

 

にはこうあります。

恋愛をしても女性ホルモンは出ません!信じている人が多いようですが、恋愛やセックスをしても女性ホルモンが出るわけではありません。同じように、恋愛やセックスをしていないからと言って、女性ホルモンが減ることもないので、安心してください。

 

恋愛の有無にかかわらず、女性ホルモンは卵巣から淡々と分泌されます。ですが、雑誌やインターネットではそういった内容を目にすることが多くみられます。恋愛と女性ホルモンの関係について医学的に根拠はありません。

 

女性ホルモンは、多い方がいいわけでもないのです。きちんと決まった時期に必要な分だけ分泌されることが1 番です。そのためには健康的な生活を送ることを心がけましょう。(産婦人科専門医 宋美玄先生)

 

ここで言われているのはあくまでも『ホルモンバランスの乱れ』です。『女性ホルモンが多ければ多いほどいい』というわけでもないので注意が必要です。また、実際には8割以上の女性が恋愛やSEXで女性ホルモンが活性化され、若々しくいられると思っているようですがそれは違うようですね。

 

 

薄毛

 

では、なぜそのような印象を受けてしまうのでしょうか。脳科学の専門家の意見を見てみましょう。

 

『脳とカラダの不思議』にはこうあります。

恋をするとドーパミンが分泌され『やる気』が出る

 

恋愛をすると、脳内のドーパミンが大量に分泌される。この脳内ホルモンは快楽や多幸感を与えるだけでなく、やる気や創造力にも関係する。ドーパミンによって活性化された前頭葉は、性欲や食欲を満たそうとし、同時に好奇心と意欲をも高まり、何かを創造しようという方向へと向かうからだ。

 

だから、恋をしている人の表情がイキイキと輝いて見えるのは、化粧やファッションだけでなく、こうした脳内での感情の変化が大きく影響しているのだといえる。

 

恋愛やSEXによって発生するのは、『ドーパミン』なんですね。これは別に、女性ホルモンではありません。男性でも女性でも、このドーパミンという報酬系物質は出ます。この状態はある種『麻薬』と似ているので、強気になるのです。

 

 

普段は弱気な自分が、恋愛やSEXによって強気になることができた。それはつまり、若々しくなったということで、それを過剰に肯定したい気持ちになるわけですが、実際には女性ホルモンが活性化されたわけではなく、ドーパミンによる一時的な『興奮状態』と言えるでしょう。

 

薄毛

 

麻薬やお酒を服用しているとき、人は興奮状態にあります。興奮状態にある人は、よく人に絡んだり、普段は言えないようなことを言いますよね。そのような錯乱状態に似ているのです。本人は無敵になったような気分になるかもしれませんが、実際に無敵になったわけではなく、一時的な興奮状態だということですね。

 

先生

これを勘違いしている人は実にたくさんいるよね!だから『若い男性のエキスを吸っているからいつまでも若々しい』とかいうことがよく言われるしね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 恋愛やセックスをしても女性ホルモンが出るわけではない。
  • 女性ホルモンは、多い方がいいわけでもない。
  • 恋愛やSEXによって発生するのは、『ドーパミン』。

女性ホルモンを乱すような生活習慣は改善するべき

しかし、どちらにせよ女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると体に悪いという事実は存在しています。そう考えると、『エストロゲンの減少を抑えれば薄毛対策になる』という事実も浮き彫りになりますね。

 

女性で言えば、女性ホルモンを乱すような生活習慣を改善することが、薄毛対策にもつながってくるわけです。食事で言えば、大豆食品などを食べるといいでしょう。『大豆イソフラボン』ですね。それはエストロゲンに似た動きをするので、男性ホルモン(テストステロン)の過剰を抑えます。

 

 

また、ホルモンバランスが乱れると様々な問題を引き起こします。

 

 

男性であれば、ED(勃起障害)にも影響しますし、ニキビなどの問題を引き起こします。食事、運動、睡眠をしっかりと最適化して、落ち度のない生活習慣を送るよう心がけましょう。

 

 

このようにして、確かに若ハゲの原因の一つは男性ホルモン(テストステロン)です。しかし原因はそれだけでなく、下記の記事に書いたように、

 

 

薄毛の原因
  • 体内毒素
  • 活性酸素
  • ホルモンバランス
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 生活習慣の乱れ
  • 食生活の乱れ
  • シャンプー

 

 

薄毛の原因には様々な問題が挙げられるわけです。そのすべてを最適化しなければ、男性ホルモンだけを注視していても意味がないので注意しましょう。

 

先生

ハゲの原因はホルモンが関係していることは間違いないね!男性ホルモン、女性ホルモンってあるけど、それぞれその扱い、心身への配慮は怠りたくないね!
たしかに!

ハニワくん

この章のまとめ
  • 女性ホルモンを乱すような生活習慣は改善するべき。
  • エストロゲンの減少を抑えれば薄毛対策になる。
  • 大豆イソフラボンはエストロゲンに似た動きをする。