『ヒト』を最適化しよう。

『日本のいちばん長い日』 レビュー(感想)と考察

日本のいちばん長い日

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

日本のいちばん長い日 運命の八月十五日』(にほんのいちばんながいひ うんめいのはちがつじゅうごにち)は、半藤一利による日本ノンフィクション書籍。1965年(昭和40年)の初版刊行時は文藝春秋新社から大宅壮一編のクレジットで発売され、1995年(平成7年)6月に文藝春秋から半藤名義で『日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版』として再版された。

昭和天皇鈴木貫太郎内閣の閣僚たちが御前会議において日本の降伏を決定した1945年昭和20年)8月14日正午から宮城事件、そして国民に対してラジオ日本放送協会)の玉音放送を通じてポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いている。

これまで劇場用映画が2つ製作公開された。岡本喜八監督による1967年版(製作・配給東宝)と原田眞人監督による2015年版(製作・配給松竹)がある。

 

監督 原田眞人
脚本 原田眞人
原作 半藤一利
『日本のいちばん長い日 決定版』
製作総指揮 迫本淳一
出演者 役所広司
本木雅弘
松坂桃李
堤真一
山﨑努

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1967年版の映画では、昭和天皇がまだ存命だったため、特別な配慮がなされていたが、2015年版の映画ではより平等に公正に描くことを意識して作られている。『東京裁判』もかなり真実に対して公正なドキュメンタリー映画だが、識者である半藤一利が監修しているこの映画も、嘘偽りなく真実を描いた見る価値のある歴史映画である。天皇は、敗戦を認めた。だが、本当に全軍人はそれをすんなりと認めたのか。『宮城事件(8.15事件)』は日本軍人の最後の抵抗であり、日本人がそれまで培ってきた尊王攘夷の愛国心による、穿った表面化だった。

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『戦争映画』を実際にあった戦争一覧と共に見てみよう

 

『その他映画コンテンツ』