『ヒト』を最適化しよう。

『ラスベガスをやっつけろ』 レビュー(感想)と考察

ラスベガスをやっつけろ

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

ラスベガスをやっつけろ』(原題: Fear and Loathing in Las Vegas)は、1998年制作のアメリカ映画である。テリー・ギリアム監督。映画監督のアレックス・コックスが脚本で参加している。および原作となったゴンゾー・ジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名小説。

ベニチオ・デル・トロは役のために体重を20キロ増やし、ジョニー・デップはラウルのモデルである原作者ハンター・S・トンプソンの付き人となって彼の仕草や癖をマスターし、髪を剃って彼と同じように禿頭にした。

 

監督 テリー・ギリアム
脚本 テリー・ギリアム
アレックス・コックス
トニー・グリゾーニ
トッド・デイヴィス
原作 ハンター・S・トンプソン
製作 ライラ・ナバルシ
パトリック・カサヴェッティ
スティーヴン・ネメス
製作総指揮 ハロルド・ブロンソン
リチャード・フース
パトリック・ワクスバーガー
出演者 ジョニー・デップ
ベニチオ・デル・トロ
トビー・マグワイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

ハンター・S・トンプソンは実在したジャーナリストだが、彼の人生は波乱に満ちていた。ジョニー・デップは彼のよき理解者であり、それは暗に『ドラッグの正当化』を意味しているが、確かにジョニー・デップもあらゆる映画でドラッグ愛好家が喜ぶような演出をしている。この映画はアウトロー映画であり、一部の人は受け付けることができないだろう。しかし、これが『ラム・ダイアリー』の後の話ということを考えると、不思議な感覚になる。薬は彼を狂わせたのか。それとも彼の人生を彩ったのか。

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『不良・アウトロー』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』