目次

『山口組三代目』 レビュー(感想)と考察

山口組三代目

ポスター画像出典:『GYAO!

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

山口組三代目』(やまぐちぐみさんだいめ)は、1973年8月11日に公開された日本映画高倉健主演、山下耕作監督。製作は東映京都撮影所、配給、東映

 

監督 山下耕作
脚本 村尾昭
原作 田岡一雄
出演者 高倉健
菅原文太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

当時の東映社長は『ゴッドファーザー』を見て気に入り、「日本で当てはめるなら山口組だ。これをやるのは自分しかない」と思い立ったという。日本人からすれば身近にある暴力団、ヤクザというイメージがすこぶる悪いので拒絶反応を示すが、世界的に見ると、『山口組、YAKUZA』というのはイタリアンマフィア、ロシアンマフィア、チャイニーズマフィア、アメリカンギャングらと同様、一目置かれるアウトロー集団である。

 

高倉健が演じる田岡が加入したとき、山口組はまだ数十名足らずしかいない小さな組だった。それを、いずれ世界にまでその名を轟かせる大集団に仕立て上げたのが、三代目田岡である。戦争映画は世界的にヒットし、やくざ映画は受け入れられない。人を殺す数は戦争の方が圧倒的に多いのに奇妙な話だが、『食人族』や『異常犯罪者』がいつまで経っても認められることがないように、ヤクザもそのきわどい境界線で生きる、ニッチな存在である。

 

美空ひばりエノケンといった、当時の日本人が知らない人はいない芸能人のすぐそばには、この田岡の存在があった。世界を揺るがす山口組はなぜ日本一巨大なヤクザになったのか。その根幹には何があるのか。カリスマ的な求心力を持った人間が本気を出せば、世が戦国時代なら歴史に名を残す名将となっていたかもしれない。

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『hulu』の6万本の2倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO

作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。

どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『不良・アウトロー』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』