『ヒト』を最適化しよう。

『ジョン・ウィックシリーズ』 レビュー(感想)と考察

ジョン・ウィック

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

ジョン・ウィック』(原題: John Wick)は、2014年に公開されたアメリカ映画。引退した凄腕の殺し屋の復讐劇を描くアクション映画キアヌ・リーブス主演兼・製作総指揮。R15+指定。日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「見惚れるほどの、復讐。

マトリックス』など数々の映画でスタントやスタントコーディネーターを手がけたチャド・スタエルスキの初監督作品。日本のアニメ 、マーシャル・アーツ殺陣 、香港映画のガンフー、マカロニ・ウェスタン  から影響を受けたアクションが特徴。

 

監督 チャド・スタエルスキ
デヴィッド・リーチ(クレジットなし)
脚本 デレク・コルスタット
製作 ベイジル・イヴァニク
デヴィッド・リーチ
エヴァ・ロンゴリア
マイケル・ウィザリル
製作総指揮 キアヌ・リーブス
出演者 キアヌ・リーブス
ミカエル・ニクヴィスト
アルフィー・アレン
エイドリアンヌ・パリッキ
ブリジット・モイナハン
ディーン・ウィンタース
イアン・マクシェーン
ジョン・レグイザモ
ウィレム・デフォー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

最強の殺し屋だったジョン・ウィックは、その家業を引退したつもりだった。だが、闘わなければならなくなった。最愛の人との思い出を踏みにじられたからだ。そして、たった一人で敵地に乗り込んだ。

 

キアヌ・リーヴスが圧倒的な強さで爽快なアクションをこなしていくのだが、高身長だからか、キャラクターの設定からかは分からないが、どこかアクションを面倒にこなしている。常に悲しげな顔をしているので、見ている側の心境が定まらない。これを、ジェイソン・ボーンやジェイソン・ステイサムが演じたらもっと楽しくなるという印象だ。

 

ジョン・ウィック:パラベラム

殺し屋たちが集うコンチネンタル・ホテルルール違反の殺しを犯したジョン・ウィックは、暗殺者の立場から一転、暗殺集団から狙われる立場に陥ってしまう。1,2と圧倒的な強さで敵をなぎ倒してきた彼だが、今回ばかりは相手が悪い。何しろ、街中の人々が彼を狙う標的であり、黒幕である大ボスには会ったことも見たこともない。その大元を潰さない限り、この暗殺の間の手からは抜けられないのである。果たして、ジョン・ウィックはどういう選択肢を取るのか。

 

ただこの『パラベラム』でやってしまった『外国人忍者の日本語』で、この作品のレベルが垣間見れてしまった。あのカタコトで日本を演じてしまうのは、残念である。細部までクオリティをこだわっていない証拠だ。

 

MEMO
だがこの後、映画関係者から『あれはわざとで役者さんは実は日本語がペラペラです』と助言をいただいた。あえてカタコトにしたということらしい。

 

 

Amazonプライムで見る



『U-NEXT』には現在この映画は存在しないようです(2019年12月)。そのうち入荷するかもしれません。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『孤高』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『戦闘・格闘』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『強力・最強』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『復讐・敵討ち』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』