『ヒト』を最適化しよう。

『紅の豚』 レビュー(感想)と考察

紅の豚

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

紅の豚』(くれないのぶた)は、1992年スタジオジブリで制作された日本の長編アニメ映画作品。

監督は宮崎駿。前作の『魔女の宅急便』に続いて劇場用アニメ映画の興行成績日本記録を更新した。この作品以降、スタジオジブリ映画における宮崎駿監督作品は全て東宝系での公開となった。

 

監督 宮崎駿
脚本 宮崎駿
原作 宮崎駿
製作 鈴木敏夫
製作総指揮 徳間康快
利光松男
佐々木芳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

格好いいとは、こういうことさ。私がいつも夜寝る前にこの映画を観るのは、彼の生きざまが私の生きざまとよく似ているからだ。ちなみに私のジブリへの愛は下記の通りだ。全シーン描くチャレンジを実行中である。

 

 

『この映画のジャンル』

『安心・平和』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『孤高』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』