目次

『チャーリーズ・エンジェル』 レビュー(感想)と考察

チャーリーズ・エンジェル

ポスター画像出典:『映画.com

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

チャーリーズ・エンジェル』(Charlie’s Angels)は、2000年アメリカ合衆国アクション映画。監督はマックG、出演はキャメロン・ディアスドリュー・バリモアルーシー・リューなど。同名テレビシリーズの映画化作品である。2003年に続編『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』が公開された。全米初登場1位を記録。

 

マックG
脚本 ライアン・ロウ
エド・ソロモン
ジョン・オーガスト
原作 アイヴァン・ゴッフ英語版
ベン・ロバーツ英語版
製作 ドリュー・バリモア
レナード・ゴールドバーグ英語版
ナンシー・ジュヴォネン英語版
製作総指揮 ジョセフ・M・カラッシオロ
アーロン・スペリング
ベティ・トーマス
ジェンノ・トッピング
出演者 キャメロン・ディアス
ドリュー・バリモア
ルーシー・リュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

当時、キャメロン・ディアスというだけで圧倒的な集客力があった。彼女が出ていれば内容は二の次であり、どんなものでも良かった。親しみやすく、キュートでセクシー。世界中に愛された彼女を筆頭とした女探偵3人組が活躍するこの映画は、全米初登場1位を記録。女性らしさあふれる2000年の映画である。

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO

作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。

どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

チャーリーズ・エンジェル (2019年の映画)

劇場映画前2作『チャーリーズ・エンジェル』(2000年)及び『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』(2003年)の続編だから、キャメロン・ディアスの印象が強い人も、しっかりとその系統を受け継いでいることを確認して、感慨を覚えるだろう。

 

バイセクシュアルであることを公表したクリステン・スチュワートや、ウガンダ出身のインド系移民の母を持つナオミ・スコットなど、出演者の様子を見ると、『メン・イン・ブラック:インターナショナル』のように、『男だけが生きてるのではない』、『スタンダードの概念を更新しろ』というメタメッセージが聞こえてくる。

 

前作でルーシー・リュウが出ていたが、その時はビル・マーレイに人種差別を受けたという。そういう『古い概念』と戦い続けるべきだ。そういうメタメッセージが聞こえてくるのだ。

 

『この映画のジャンル』

『女性』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』