『ヒト』を最適化しよう。

『グローリー』 レビュー(感想)と考察

グローリー

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

グローリー』(Glory)は、1989年公開のアメリカ映画。アメリカ南北戦争において実在したアメリカ合衆国初の黒人部隊を描く戦争映画

この映画で黒人兵士を演じたデンゼル・ワシントン第62回アカデミー賞および第42回ゴールデングローブ賞の助演男優賞を受賞した。

映画のモデルとなったマサチューセッツ第54連隊英語版は(士官を除いて)完全な黒人部隊としてはアメリカ陸軍最初の正式な部隊の一つだった(最初の黒人部隊はサウスカロライナ第1義勇軍)。

 

監督 エドワード・ズウィック
脚本 ケヴィン・ジャール
原作 リンカーン・カースティン
ピーター・バーチャード
ロバート・グールド・ショー
製作 フレディ・フィールズ
出演者 マシュー・ブロデリック
デンゼル・ワシントン
ケイリー・エルウィス
モーガン・フリーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1862年のアメリカは、黒人に対する考え方の違いで、南北に分裂する危機を迎えていた。南北戦争である。南はその温暖な地域の特徴を生かして、黒人を奴隷として扱いたいが、北部の人々は違う考え方で、奴隷ではなく一人間としての労働力として考えるべきだと主張。南部は『アメリカ連合国』を立ち上げ、アメリカは真っ二つに割れようとしていたのである。北部からリンカーンが大統領に選ばれ、奴隷解放宣言がなされるが、黒人たちに対する扱いはそう瞬間的に変わるものではない。

 

アメリカ初の黒人部隊が、白人の指揮官の下で士気を高め、南部と衝突する。最後まで頑なに白人を恨んでいた黒人は、どうなったか。白人と黒人の和解はあるのか。その時、指揮官が先頭切って相手陣地に突っ込んだ。ーその時だ。

 

南北が奴隷問題で激突し、アメリカが分裂!リンカーンが『奴隷解放宣言』で『アメリカ連合国』を撃破!

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『絆・友情』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『精神・脳内』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『人種・異文化』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』