『ヒト』を最適化しよう。

『海がきこえる』 レビュー(感想)と考察

海がきこえる

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

海がきこえる』(うみがきこえる)は、氷室冴子による小説。また、それを原作として1993年にスタジオジブリが制作したアニメーション作品、及び1995年にテレビ朝日系列で放映されたテレビドラマ

 

著者 氷室冴子
イラスト 近藤勝也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

映画ではなくスペシャルアニメ作品かもしれないが、スタジオジブリの作った一つの映画として捉えている。この映画は、高知市のなまりもあるし、10代の男女の支離滅裂で特に深い意味のないいくつもの言動に、作品全体の意図がぼやけがちになるが、『それら』をすべて理解したうえで、多くの経験を積んだ人が(こういうことは、全然ある)という観点で観ることができれば、一切の癖が削ぎ落され、中にある純粋な物語に目を向けられるようになる。

 

私の若い友達は、この映画がなんだかよくわからなかったと感じたらしいが、それはただ経験が少ないからだ。青春時代とは、もともと支離滅裂なのだ。そして、人の心は移ろいやすく、だからこそそれが確固たるものであったときに感じる感動が、ひとしおなのである。

 

『この映画のジャンル』

『純愛』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』