『ヒト』を最適化しよう。

『キャロル』 レビュー(感想)と考察

キャロル

 

 

 

キャロル』(原題:Carol)は、2015年アメリカ合衆国イギリスで公開されたドラマ映画である。監督はトッド・ヘインズが、主演はケイト・ブランシェットルーニー・マーラの2人が務めた。原作はパトリシア・ハイスミスの小説『The Price of Salt』(1952年刊行)である。

 

監督 トッド・ヘインズ
脚本 フィリス・ナジー
原作 パトリシア・ハイスミスThe Price of Salt
製作 エリザベス・カールセン
スティーヴン・ウーリー
クリスティン・ヴェイコン
製作総指揮 ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
テッサ・ロス
出演者 ケイト・ブランシェット
ルーニー・マーラ
サラ・ポールソン
カイル・チャンドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

正直言って、彼女らが美しいから印象がいいだけで、もし登場人物がそうではなく、あるいは私と同姓のゴリゴリの男性らだった場合、私はこの映画を評価できない。差別したくはないが、拒絶反応が出るのが本音なのである。だが、同性愛者にも様々な人がいて、ハッテン場のようなところで男をあさったり、性的に汚れていたり、乱れていたりする人もいるなか、彼女らは違う。容姿だけではなく、ここにある愛が、とても美しく感じるのである。

 

 

『この映画のジャンル』

『純愛』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『性別不合・同性愛』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』