『ヒト』を最適化しよう。

『耳をすませば』 レビュー(感想)と考察

耳をすませば

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

耳をすませば』(みみをすませば、英題: Whisper of the Heart)は、1995年スタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。13年にわたる『風の谷のナウシカ』の連載を終え、長編アニメーション『もののけ姫』の構想をしていた宮崎駿だったが、それとは別に新しいスタッフおよび挑戦に挑むために本作の企画をスタートさせる。原作者の柊あおいは、以前から宮崎のファンであったが、宮崎が本作品の映画化を希望しているという話を担当からの電話で聞いた際、それが信じられず、思わず「冗談でしょ」と返事をしたという 。

 

監督 近藤喜文
脚本 宮崎駿
原作 柊あおい
『耳をすませば』
製作 鈴木敏夫
宮崎駿
製作総指揮 徳間康快
出演者 本名陽子
高橋一生
立花隆
室井滋
露口茂
小林桂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

多くの日本人は『カントリーロード』と聞くとこの映画を思い出す。これだけ映画と音楽がシンクロする映画も珍しい。そこら辺を見渡せばありそうな話であり、しかしよく考えるとそう多くはない話だ。絶妙なドラマと現実の世界との距離感、そして音楽と少女の想像力溢れる心の豊かさが、この映画をより一層尊く、切ない物語へと昇華させる。

 

『天沢聖司の演奏の途中からセッションが始まるシーンは、心を鷲掴みにされた。父親がこの映画を観て、子供だった私に『これは大人の映画だね』と言い、私はそれに対して『いや、(俺にだって)わかるよ』と言い返してから20年。いつの間にかこの作品は、私にとって遥か昔に通り過ぎた『いつか通った道』となった。思い出がたくさん詰まった作品だ。

 

最後は朝で寒がるシーンがあるが、最初の団地のシーンが夏の印象が強いのか、『カントリーロード』の曲と踏み切りの映像が、強く夏を感じさせる。『金曜ロードショー』で冬に放送されるときもあるが、やはり夏に放送された方が観たくなるのがこの映画だ。

 

ちなみに私のジブリへの愛は下記の通りだ。全シーン描くチャレンジを実行中である。

 

 

『この映画のジャンル』

『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『純愛』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『哀愁・惜別』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『安心・平和』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』