目次

『借りぐらしのアリエッティ』 レビュー(感想)と考察

借りぐらしのアリエッティ

ポスター画像出典:『STUDIO GHIBLI

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

借りぐらしのアリエッティ』(かりぐらしのアリエッティ、英:The Borrower Arrietty、北米:The Secret World of Arrietty)は、スタジオジブリ制作の日本アニメーション映画。監督は本作が初監督作品となる米林宏昌が務める。

メアリー・ノートンの著書『床下の小人たち』を原作として、翻案・脚色された作品であり、人間の屋敷で物を借りながら隠れ暮らす小人の一家や、小人の少女アリエッティと人間の少年翔の交流を描く。

 

監督 米林宏昌
脚本 宮崎駿
丹羽圭子
原作 メアリー・ノートン『床下の小人たち』
製作 鈴木敏夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

真夏の暑い日、涼しすぎるぐらいの映画館。最初のサントラと夏の木漏れ日のシンクロさ加減に私は、思わず涙が出そうになった。よく『小さなおじさん』を見たという人がいるが、妖精のような存在を見る人は意外と大勢いる。もし、本当にそのくらいのサイズの人間がいたとしたら、彼らは自分たちよりも何百倍も大きな人間をどういう目で見るだろうか。アリエッティには、身分相応の結婚相手がいる。しかし、彼女が好きになってしまったのは、人間だったのだ。叶わぬ恋。切ない別れ。

 

ちなみに私のジブリへの愛は下記の通りだ。全シーン描くチャレンジを実行中である。

 

 

『この映画のジャンル』

『音楽・BGM』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『真夏・快晴』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『純愛』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『真夏・快晴』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』