『ヒト』を最適化しよう。

『魔女の宅急便』 レビュー(感想)と考察

魔女の宅急便

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

魔女の宅急便』(まじょのたっきゅうびん、英題:Kiki’s Delivery Service)は、スタジオジブリ制作の日本アニメーション映画作品。スタジオジブリにおける宮崎駿監督の長編映画としては初の、他者の原作による作品である。主題歌には荒井由実の楽曲が採用された。略称は「魔女宅」 。

 

監督 宮崎駿
脚本 宮崎駿
原作 角野栄子
魔女の宅急便』(福音館書店刊)
製作 尾形英夫
漆戸靖治
原徹
宮崎駿
製作総指揮 徳間康快
都築幹彦
高木盛久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

魔女の話と言ったらこの作品しかない。この映画であまり魔法は出てこないのだが、魔女の話となれば、この映画を『ファンタジー』ランキングにランクインさせないわけにはいかない。女性が独り立ちする。それも、15歳の少女がだ。純粋だけで生きていければいいが、人間がいる限り、純粋さだけで生きていくことはできない。しかしどうしてだろう。彼女なら、純粋さだけで生きていける気がするのは。光は闇をも凌駕する。『本当に純粋』な人は、周りの闇を、光に変える。

 

『海の見える街』、『ルージュの伝言』、『やさしさに包まれたなら』。いつ聴いても心が和んで、穏やかな気持ちになる。この音楽を聴くと、大人になってバラバラになってしまった私の家族の絆を、心底の根底で感じ取ることが出来る。キキが清々しく、澄み渡った大空をほうきで飛んでいるシーンが印象的で、この映画は夏の映画という印象がある。とんぼたちとの思い出も、夏休みの思い出のような、儚く切ない、それでいて色濃い時間だった。きっと人生最後の夏にこの映画を観ると、人生を清々しく振り返れそうだ。

 

ちなみに私のジブリへの愛は下記の通りだ。全シーン描くチャレンジを実行中である。

 

 

『この映画のジャンル』

『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『感動・涙腺』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『爽快』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『魔法・ファンタジー』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『真夏・快晴』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』