『ヒト』を最適化しよう。

『キッズ・リターン』 レビュー(感想)と考察

キッズ・リターン

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

キッズ・リターン』(Kids Return)は、1996年に公開された日本映画北野武の6作目となる監督作品。

さまざまな青年たちが大人の世界に踏み込み、さまざまな現実に直面する模様を描く青春映画。

 

監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
柘植靖司
吉田多喜男
出演者 金子賢
安藤政信
森本レオ
石橋凌
山谷初男
モロ師岡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

二人の少年は、仲が良かった。仲が良かったはずだった。だが、時が経つにつれ、二人の生きる道に少しずつ差異が見られるようになってきた。同じ男である彼らは、その煮えたぎる男の炎のやり場をどこかにぶつけたい思いは同じだった。性格の違いが彼らの情熱を向ける舞台を変え、やがて二人の少年は会わなくなった。果たして、彼らはもう関係ないのか。この映画のタイトルにはどんな意味が込められているのか。

 

 

最後に流れる久石譲が作ったこの音楽が、ラストシーンを最高に盛り上げる。

 

『この映画のジャンル』

『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『絆・友情』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』