『ヒト』を最適化しよう。

『アナと雪の女王』 レビュー(感想)と考察

アナと雪の女王

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

アナと雪の女王』(アナとゆきのじょおう、原題:Frozen)は、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作による2013年公開のアメリカ合衆国3Dコンピュータアニメーションミュージカルファンタジー映画。日本では『アナ雪』の略称でも呼ばれる

 

監督 クリス・バック
ジェニファー・リー
脚本 ジェニファー・リー
原案 クリス・バック
ジェニファー・リー
シェーン・モリス
原作 ハンス・クリスチャン・アンデルセン
雪の女王
製作 ピーター・デル・ヴェッチョ
製作総指揮 ジョン・ラセター
出演者 クリスティン・ベル
イディナ・メンゼル
ジョナサン・グロフ
音楽 クリストフ・ベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

『Let it go』。あれから散々流されて、廃れてしまった印象を得るが、最初に聴いたあの瞬間の感動を忘れることはないだろう。少女が主役のディズニー映画を男の私がたった一人で観に行ったのは初めてだった。だが、それだけ予告編が飛びぬけていたのだ。観なければ後悔すると思い、そして実際に観て良かった。ディズニー映画が新境地に立った瞬間だ。

 

 

『アナと雪の女王2』の『イントゥ・ジ・アンノウン』もとても魅力的な音楽だ。ストーリーも、一作目で行き届かなかった部分にスポットライトを当て、『アナ雪』の世界をこれで存分に楽しめることができるだろう。

 

1.5億ドルの制作費で、130億ドルの興行収入をたたき出したシリーズ一作目に比べれば、その勢いは落ちるだろう。それは『君の名は。』と『天気の子』にも言えることだが、あのような爆発的なエネルギーというのは、不測の様々な要因を巻き込んで作られる奇跡的なものだ。だが、純粋にこの作品の虜になった少年少女は世界中に大勢いて、彼らがこの作品を支えることは間違いない。

 

しかし、たとえ売り上げが半分の60億ドルに落ちても、それは『6000億円』。製作費の2倍売り上げればヒットという世界で、この作品は異例中の異例なのだ。ディズニー映画の歴史を塗り替えた伝説の作品の結末を見よ。

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『音楽・BGM』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『絆・友情』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『安心・平和』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』