『ヒト』を最適化しよう。

『15時17分、パリ行き』 レビュー(感想)と考察

『15時17分、パリ行き』

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

15時17分、パリ行き』(The 15:17 to Paris)は、2018年アメリカ合衆国伝記映画2015年8月21日高速鉄道タリス内で発生したタリス銃乱射事件と事件に立ち向かった3人の若者を描く。監督は、クリント・イーストウッド。主演の3人は、実際にタリス銃乱射事件に巻き込まれた3人を本人役として起用している。キャッチコピーは『その時、3人の若者が乗ったのは運命の列車だった。』。

 

監督 クリント・イーストウッド
脚本 ドロシー・ブライスカル
原作 ジェフリー・E・スターン、スペンサー・ストーン、アンソニー・サドラー、アレク・スカラトス
『The 15:17 to Paris: The True Story of a Terrorist, a Train, and Three American Soldiers』
製作 ジェシカ・メイヤー
ティム・ムーア
クリスティナ・リヴェラ
クリント・イーストウッド
製作総指揮 ブルース・バーマン
出演者 スペンサー・ストーン英語版
アンソニー・サドラー英語版
アレク・スカラトス英語版
ジュディ・グリア
ジェナ・フィッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

少年時代、薬に頼って生きるしかないと言われた出来損ないの少年たち。だが、彼らは自分の人生を諦めなかった。自分の人生が何のためにあるのか、人一倍熟考した。そして遭遇したのだ。それは、15時17分のパリ行きの列車の中の出来事だった。自分がこのシーンに遭遇したら、どう行動するだろうか。何を考え、何を見て、何を覚悟するか。人間の土壇場での行動は、日頃のそういう人生の積み重ねが物を言う。これは、落ちこぼれと言われた少年たちが土壇場で真価を発揮した、真実の物語である。

 

『15時17分、パリ行き』。今年、この映画以上に魂が震える映画に出会えるかどうか、疑問だ。何年かに一度、こういう映画がある。これは、実話である。どんなに落ちこぼれと言われても、決して人生を諦めてはならない。いつか必ず、その命を使うときがくる。

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『命の使い方』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『テロリズム』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』