『ヒト』を最適化しよう。

『エリザベスシリーズ』 レビュー(感想)と考察

エリザベス

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

エリザベス』(Elizabeth)は、1998年イギリス映画アメリカ合作の歴史映画。エリザベス1世の前半生の人生を描く。

第71回アカデミー賞では作品賞を始めとする7部門にノミネートされ、メイクアップ賞を受賞。2007年に同じ監督・主演で続編『エリザベス:ゴールデン・エイジ』も公開された。

 

監督 シェカール・カプール
脚本 マイケル・ハースト
製作 アリソン・オーウェン
エリック・フェルナー
ティム・ビーヴァン
出演者 ケイト・ブランシェット
ジョセフ・ファインズ
ジェフリー・ラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

イギリス王妃であり、世界で最も有名な王妃と言えば、エリザベス女王である。大英帝国の黄金期は彼女から300年後のヴィクトリア女王の時代だが、彼女の時代もまた『イングランドの黄金時代』と言われた。しかし、その地位の中で生きていくのは簡単ではなかった。世界一有名な女王はなぜ『処女王』と呼ばれたのか。彼女は信仰的には、プロテスタントの立場でカトリック教会と戦った女性の一人である。のちにオランダを支援するときも、それが理由である。

 

『太陽の沈まぬ帝国』スペインが沈んだ理由は?フェリペ2世VS『世界一有名な女王』とその裏にいた重要人物

 

※ここはネタバレ

最後に登場する白塗りのエリザベスは、『エリザベス女王の完成』を演出しているはずである。実はこの時代の化粧は『おしろい』で、そこには鉛が使用されていた。肌は荒れる。だからまた厚化粧をする。そういう負の状況が当時の悩みだった。では、なぜその『負の無限ループにハマってしまった状態』を最後に持ってきたかというと、彼女の写真が下記のように、

 

[テューダー・ローズの紋様とオコジョの毛皮で飾った即位衣を纏うエリザベス1世。]

 

『エリザベス女王=白い顔』というイメージがついているからである。物語的に、『かくしてエリザベス女王が誕生した』というシナリオだから、この白塗りの顔が最後に出てきたのだ。今私が挙げたような話は歴史マニアぐらいしか知らないから、まず、世界万人に向けて発信する映像の演出として、白塗りの彼女を持ってきたのである。

 

エリザベス:ゴールデン・エイジ

『エリザベス』の2だ。あれがエリザベスが女王になるまでを描いた作品で、これは女王になってからのエリザベス。歴史的に重要なのはどちらかというと、こっちの方だ。エリザベスが女王になったときは、まだイギリスの力はそう強くはなかった。無敵艦隊と言われる世界最強の艦隊を持つスペインの存在が、ヨーロッパの人々の心を強く押さえつけていた。

 

しかし、イギリスはその最強のスペインに勝利する。では、一体どうやって勝ったのか。彼女の女王としての采配や振る舞いはいかなるものだったのか。女王も人間であり、女だ。世界一有名な女性に相応しい彼女の人生の後半戦はいかに。

 

Amazonプライムで見る



『U-NEXT』には現在この映画は存在しないようです(2019年12月)。そのうち入荷するかもしれません。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『女性』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』