『ヒト』を最適化しよう。

『アメリカン・ギャングスター』 レビュー(感想)と考察

アメリカン・ギャングスター

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

アメリカン・ギャングスター』(原題: American Gangster)は、スティーヴン・ザイリアン脚本、リドリー・スコット監督、デンゼル・ワシントンラッセル・クロウ主演、2007年アメリカ合衆国で製作された犯罪映画である。

2007年11月2日にアメリカ合衆国とカナダで公開。2008年2月1日に日本で公開。全米週末興行収入成績初登場第1位(2007年11月2日-4日付)。第80回アカデミー賞では助演女優賞美術賞にノミネートされた。ラッセル・クロウはルーカスの麻薬王国の崩壊を目指すリッチー・ロバーツRichie Roberts)を演ずる

 

監督 リドリー・スコット
脚本 スティーヴン・ザイリアン
製作 ブライアン・グレイザー
リドリー・スコット
製作総指揮 スティーヴン・ザイリアン
ニコラス・ピレッジ
ブランコ・ラスティグ
ジェームス・ウィテカー
マイケル・コスティガン
出演者 デンゼル・ワシントン
ラッセル・クロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

実際にあった話を基にしていることもあって見ごたえ十分だ。ただ、この映画は悪人としての生き方に少しも共感できない人は、爽快さを感じることはできないだろう。こういう事実があるから、私はたまにフィクションとノンフィクションの境目を見失うのである。そして、何が正義で、何が悪かの境界線も。

 

キング牧師が暗殺された1968年、当時のハーレムのヘロイン密売人で組織犯罪のボスであるフランク・ルーカスは、ニッキー・バーンズと並び麻薬業界の大物として、一大勢力を築き上げていた。物心がついたら家族がショットガンを口に突っ込まれている。そういう環境で育ったら、そこで生きていくために、子供は、どういう人間に育つだろうか。断片的に見れば当然間違っている。だが、そうも言い切れないのは、彼の生きた環境と哲学が稀有なものだからだ。

 

 

Amazonプライムで見る



『U-NEXT』には現在この映画は存在しないようです(2019年12月)。そのうち入荷するかもしれません。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『不良・アウトロー』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『お金・経済』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』