Contents|目次

『13デイズ』 レビュー(感想)と考察

13デイズ

ポスター画像出典:『ヤフー映画

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

13デイズ』(サーティーン・デイズ、Thirteen Days)は、2000年アメリカ映画

1962年キューバ危機を題材にしたサスペンス映画である。同じケネディ大統領を扱った映画JFK』でも主演を務めたケビン・コスナーを大統領特別補佐官役として迎えた。ちなみにケビンがロジャー・ドナルドソン監督作に出演したのは『追いつめられて』(1987年)以来である。

 

監督 ロジャー・ドナルドソン
脚本 デヴィッド・セルフ
製作 ケビン・コスナー
ケヴィン・オドネル
ピーター・O・アーモンド
アーミアン・バーンスタイン
製作総指揮 トーマス・A・ブリス
マイケル・デ・ルカ
イロナ・ハーツバーグ
出演者 ケビン・コスナー
ブルース・グリーンウッド
スティーブン・カルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1962年、アメリカはキューバ危機を迎えていた。キューバ革命でカストロゲバラがソ連側に寝返り、アメリカとしては中南米に位置するキューバへの対処に頭を悩ませていたところだった。そんな時、ソ連がそのキューバにミサイル基地を設置したのだ。これにより、アメリカ大陸全域がソ連の射程範囲内に収まり、いつでもソ連が先制攻撃という有利な選択権を得ることができる。それは、外交でも利用されるだろうし、核爆弾を所有したソ連が相手となると、ただ事ではない。果たして、アメリカとソ連はこの絶体絶命のピンチをどう乗り切るのか。そしてそれは同時に、人類にとっての絶体絶命の窮地でもあった。

 

スターリンが死去するも、スプートニク・ショックにキューバ革命が勃発!危機を乗り越え『デタント(緊張緩和)』できるか?

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO

作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。

どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

非公開: 全戦争の歴史一覧&時系列で見る『戦争映画』

 

『その他映画コンテンツ』

この世に映画はいくつある?その中でどの映画を観ればいいの?

大好きになる『映画』を探そう!(全3000作品)

映画に関するクイズ

 

PickupMovie

約3000作品の映画がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる映画に出逢えるかも(*´ω`*)!?

Movie.AI

『バイス』 レビュー(感想)と考察 『イエスタデイ』 レビュー(感想)と考察 『ジャーヘッド』 レビュー(感想)と考察

 

Sns

映画のTwitterアカウントでは新作映画のレビューなどを投稿しています。

SNS