目次

『アインシュタイン:天才脳の行方と秘密』 レビュー(感想)と考察

『アインシュタイン:天才脳の行方と秘密』

ポスター画像出典:『Amazon.co.jp

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)

この映画は運営者のオススメです。

年間735本の映画鑑賞の経験があり、コロナ前には13年間連続で毎週映画館で映画を鑑賞!3000本以上の映画を観た映画好きが、映画の紹介をさせていただきます!

運営者

※検索したら『年間700本』という人が一番っぽかったから、皆様に映画への熱意をお伝えするためにとりあえずその人以上の数字を出しただけです・・

 

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

アインシュタインの一生を考えるにはうってつけの映画である。ドキュメンタリー映画のような作りだから、真実を正確に理解することができ、アインシュタインが何をしたかということを知るために有効な作品である。彼の頭脳は、アメリカから見たらスターリンよりも危険な存在で、FBIのフーヴァーからも目をつけられる。そのあまりの天才ぶりに、死亡解剖する際に、解剖学者が脳を持ち出す事件が発生。

 

彼が登場するまで、物理学の巨人はニュートンだった。ニュートンは、中心に引力があり、それに引っ張られるという『万有引力の法則』を提唱したが、アインシュタインが主張した重力は、『宇宙外の空間から押されている』というもの。彼はニュートンを覆してしまったのである。小さい頃、コンパスを与えられたアインシュタインは、それが『方向を指し示すもの』ではなく『見えない何かに引っ張られる』ように見えた。以来、『目に見えないもの』の虜になった彼は、後に世界を揺るがす『相対性理論』を発表するのである。

 

『物質』は、静止状態のエネルギーであり、これ(ウラン原子)を分裂させたら、莫大なエネルギーが生まれる。それが証明されれば、この宇宙がビッグバンのような爆発で作られたことを証明できるが、それは同時に『核爆弾』のような甚大な被害をもたらす『悪魔の発明』を助長するヒントの発案でもあったのである。

 

『私の人生の最大の誤りは、ルーズベルトに原爆の開発を勧めたことだ。』

 

アインシュタインはそう言うが、しかし自分の国のナチスのヒトラーにそれを悪用されるくらいならという、究極の選択だったのだ。世界の形を大きく変えたアインシュタインの脳は、どうなっているのか。生まれつき人と違うのか。そこに天才のヒントはあるのか。彼の脳を研究した見つかった事実を基に、『天才の作り方』について見極めることができる。

 

アインシュタインは手塚治虫と宮崎駿を言いくるめることが出来るか?

Amazonプライムで見る

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO

作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。

どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『頭脳・天才』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『偉人・伝記』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

『実話・実録』編!3,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』