『ヒト』を最適化しよう。

『最後の忠臣蔵』 レビュー(感想)と考察

最後の忠臣蔵

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

最後の忠臣蔵』(さいごのちゅうしんぐら)は、池宮彰一郎同名小説を原作とした、2010年公開の日本映画

 

監督 杉田成道
脚本 田中陽造
原作 池宮彰一郎
製作総指揮 ウィリアム・アイアトン
出演者 役所広司
佐藤浩市
片岡仁左衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

織田信長らが暴れ回った戦国時代から200年、宮本武蔵という剣豪が剣をふるった時代から100年、1700年頃の日本で、世界を震撼させる興味深い大事件が起きた。『赤穂浪士討ち入り事件』である。赤穂藩の旧臣、つまり『主君を失った浪人』の47名の武士が、主君の敵討ちをしたのだ。この手の話は世界規模の視点から見たとき、人の心を強く打つ。復讐は真理ではないが、命を捨てて忠義を尽くす男たちの話は、世界規格として通用し、人間の矜持をくすぐるのである。

 

だが、この話はその討ち入りをした浪人たちとは違い、『途中で逃げた』という汚名を着せられた人物が主人公。討ち入りに参加しなかった者は実は更に大勢いたのだが、主要メンバーであった彼がいなくなることは遺憾である。では、彼はなぜ逃げたのか。そこにどんな理由があったのか。これは、女性である母に見せたら『わかりづらい』と言っていたが、とんでもない。真に忠誠を誓った人間の人生を想像する力が必要である。

 

忍者?侍?我々を忘れてるようだ。我こそは『浪人』!世界が驚嘆した『赤穂浪士討ち入り事件』の主役だ!

 

Amazonプライムで見る



『U-NEXT』には現在この映画は存在しないようです(2019年12月)。そのうち入荷するかもしれません。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『絆・友情』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『孤高』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』