『ヒト』を最適化しよう。

『モーターサイクル・ダイアリーズ』 レビュー(感想)と考察

モーターサイクル・ダイアリーズ

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

モーターサイクル・ダイアリーズ』(スペイン語Diarios de motocicleta英語The Motorcycle Diaries)は2004年公開の映画チェ・ゲバラの若き日の南米旅行記『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』をもとに、ロバート・レッドフォードヴァルテル・サレスらによって映画化された。

 

監督 ウォルター・サレス
脚本 ホセ・リベーラ
製作 マイケル・ノジック
エドガード・テネンバウム
カレン・テンコフ
製作総指揮 ロバート・レッドフォード
ポール・ウェブスター
レベッカ・イェルダム
出演者 ガエル・ガルシア・ベルナル
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

若きチェ・ゲバラが南米大陸を旅した旅行記を基に作成された映画。インカ、アステカ、マチュピチュ、伝統的な歴史を自分の目で見て冒険しながら、同時にアメリカ大陸が抱えている闇に触れていく。元来、曲がったことが大嫌いで馬鹿正直なゲバラは、医者になる勉強をしていた。『最善の状態に戻す』ことが彼に取っての生きがいだったのかもしれない。無意味な国籍で国が分かれ、混血がどうとかいう理由で、宗主国生まれの白人(ペニンスラール)だか、植民地生まれの白人(クリオーリョ)だか知らないが、それはあるべき姿ではないと考えるようになったのだ。

 

革命家チェ・ゲバラの思想はこうして作られた。どのようにして偉人が生まれるか。「これは偉業の物語ではない 同じ大志と夢を持った2つの人生が しばし併走した物語である」と映画は言うが、私にとっては、革命のまさにその最中を切り取るよりも、こうした根幹部分にスポットライトを当てる方が貴重であると考える。

 

Amazonプライムで見る



『U-NEXT』には現在この映画は存在しないようです(2019年12月)。そのうち入荷するかもしれません。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『偉人・伝記』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『冒険・探検・アドベンチャー』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』