『ヒト』を最適化しよう。

『アラビアのロレンス』 レビュー(感想)と考察

アラビアのロレンス

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

アラビアのロレンス』(Lawrence of Arabia)は、1962年に公開されたイギリスアメリカ合作映画。デヴィッド・リーン監督ピーター・オトゥール主演

 

監督 デヴィッド・リーン
脚本 ロバート・ボルト
マイケル・ウィルソン
製作 サム・スピーゲル
出演者 ピーター・オトゥール
アレック・ギネス
アンソニー・クイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1916年のサウジアラビア。第一次世界大戦の真っ最中で、イギリス陸軍将校のトマス・エドワード・ロレンスという人物が活躍していた。このアラビアのロレンスという人物は、歴史的に見ても重要人物。オスマン帝国からのアラブ独立を率いた人物ということもさることながら、彼とセットで考えられるのが『イギリスの三枚舌外交』である。この外交によって3つの方向に都合のいい話をし、戦争などの局面でイギリスが有利になるように、周りを固めてたわけだ。

 

話した相手 対象 話し合いの名前
フセイン アラブ人 フセイン=マクマホン協定
ピコ フランス、ロシア サイクス=ピコ協定
ロスチャイルド ユダヤ人 バルフォア宣言

 

しかし、結局この『つじつまの合わない話』のツケが回ってきて、後の『パレスチナ問題』に繋がってしまうのである。だが、この映画ではそのあたりの歴史を学ぶというよりは、これらの外交があったちょうどその時代、そしてそれに巻き込まれたアラビアのロレンスという人物の一生を描いた、歴史作品である。

 

イギリスの三枚舌外交が原因で発生した『パレスチナ問題』!ユダヤ人『返せ!』アラブ人『こっちのセリフだ!』

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『hulu』の6万本の2倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』