『ヒト』を最適化しよう。

『アラトリステ』 レビュー(感想)と考察

アラトリステ

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

アラトリステ』 (Alatriste) は、2006年公開のスペイン映画アルトゥーロ・ペレス=レベルテによるスペインの小説『アラトリステ』 (西El capitán Alatriste) シリーズを原作とする映画化作品である。監督はアグスティン・ディアス・ヤネス。孤高の剣士アラトリステの21年に及ぶ後半生を145分の上映時間にまとめたヴィゴ・モーテンセンが主演し、アメリカの俳優でありながら全てのセリフをスペイン語で演じた

 

監督 アグスティン・ディアス・ヤネス
脚本 アグスティン・ディアス・ヤネス
原作 アルトゥーロ・ペレス=レベルテ
製作 アントニオ・カルデナル 、 アルバロ・アウグスティン
製作総指揮 イニゴ・マルコ、ベレン・アティエンサ
出演者 ヴィゴ・モーテンセン、ウナクス・ウガルデ、アリアドナ・ヒル、エレナ・アナヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

1620年代後半のマドリードで最強の剣客だったと言われるディエゴ・アラトリステ・イ・テノーリオ。通称アラトリステは、世界最強のスペイン帝国を支えるスペイン歩兵連隊の中心人物だった。同時代、日本には宮本武蔵という剣豪がいたが、アラトリステは武蔵よりは人間らしく、強いと言っても人間的な弱点を備えた、一人間だった。スペイン帝国はこの時すでに斜陽を迎え、衰退過程にあった。孤高の剣士アラトリステは、この時代をどう生き、どう死んでいったのだろうか。

 

ちなみに彼は小説の中の架空の人物だが、この時代のスペインの歴史を考えられる映画として『実話』に位置付けている。

 

『太陽の沈まぬ帝国』スペインが沈んだ理由は?フェリペ2世VS『世界一有名な女王』とその裏にいた重要人物

 

『この映画のジャンル』

『孤高』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『哀愁・惜別』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』