『ヒト』を最適化しよう。

『エクソダス:神と王』 レビュー(感想)と考察

エクソダス:神と王

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

エクソダス:神と王』(エクソダスかみとおう、Exodus: Gods and Kings)は、2014年アメリカ合衆国叙事詩的映画。監督はリドリー・スコット、脚色はスティーヴン・ザイリアンが担当し、クリスチャン・ベールが主役を務める。

本作は、旧約聖書出エジプト記をもとにして、モーゼに率いられたヘブライ人エジプトを脱出する過程を描写した作品である。 キャスティングや内容的には、パラマウント映画セシル・B・デミル製作監督、チャールトン・ヘストン主演の『十戒』のリメイク的な要素が強い。

 

監督 リドリー・スコット
脚本 スティーヴン・ザイリアン
原案 ビル・カレッジ
アダム・クーパー
製作 リドリー・スコット
ディラン・クラーク
ジェノ・トッピング
ピーター・チャーニン
出演者 クリスチャン・ベール
ジョエル・エドガートン
ジョン・タトゥーロ
アーロン・ポール
ベン・メンデルソーン
シガニー・ウィーバー
ベン・キングズレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

幼少期からさんざん聞いていた『モーセ』の実態について想像出来たことは大きい。この話で極めて重要なシーンとは、モーセが海を割ったことでも、様々な怪奇現象が起きたことでもない。私は最初から何かを盲信することなどないので、この話がすべて史実通りだとか、そういう発想をすることは論外である。したがって、この映画に対して批判をする人間のような『側』にいる人達と私の間には大きな溝がある。

 

そんな些末なことはどうでもいい。この映画で最も重要なのは、『神』と名乗る子供が、『私は、ある』という発言をしたことである。更なる詳細は、以下の記事にて確認したい。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

『この映画のジャンル』

『教訓』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『実話・実録』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『偉人・伝記』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『孤高』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『宗教・信念』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』