『ヒト』を最適化しよう。

『ドラゴンボールの映画』 レビュー(感想)と考察

ドラゴンボール超

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

ドラゴンボール超 ブロリー』(ドラゴンボールスーパー ブロリー、Dragon Ball Super:BROLY)は、2018年12月14日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開アニメーション映画作品第20弾(『ドラゴンボール超』としては第1弾)。本作は平成最後のドラゴンボールの映画となる。

 

監督 長峯達也
脚本 鳥山明
原作 鳥山明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

この世界のフィクション、ノンフィクション、すべての世界の中で、ドラゴンボールよりも上のエネルギーは存在しない。ハリウッドがやったもの勝ちでアベンジャーズを世界的に知ら渡らせたように、鳥山明のやったもの勝ちだ。ワンピースやコナンと違って継続性がなくファンが付きづらいが、そういう天才肌だからこそ、常識を突き破った孫悟空というキャラクターを生み出せたのである。誰が何と言おうと関係ない。カカロット。お前がナンバーワンだ。

 

ドラゴンボールZ 復活の「F」』

ドラゴンボールを『意識』して自分の意志で初めて映画館で観た『神と神』以来、すっかり映画館でこの作品を観る迫力のとりことなった。悟空の実力とこの作品の規模を改めて思い知った。

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

 

ドラゴンボール超 ブロリー

映画に優劣はつけない主義だ。どんな映画も真剣に観れば何かしらの教訓がある。だが、こう言わざるを得ない。この映画が、今年(2018年)最高の映画だったと。悪いがこれは、理屈を超越しているのだ。

 

 

この言葉が誰の言葉か分かるだろうか。『ワンピース』の作者、尾田栄一郎である。彼がバトルではなくドラマを重視するようになったのは、自身が夢中になった『ドラゴンボール』の影響だという。現在では『ワンパンマン』の主人公と強さを比較されることもあるが、漫画家たちがすでにどちらが強いかを認めている。そして、ワンパンマンの作者も『ジャンプコミックスのヒーローたちが束になっても悟空にはかなわない』とさえ発言しているのである。

 

特に『ブロリー』はすごい。これから先、どんなフィクションが想像されようと、『悟空の可能性と潜在能力』に勝る存在は現れないだろう。

 

『西遊記』がなければ『ドラゴンボール』はない!『唐』にはあの話のモデルとなる人物がいた! 破壊神が人気なのは『ドラゴンボール』だけ?インド神話で最も人気がある神とは!?

 

 

 

Amazonプライムで見る

 

U-NEXTで見る

『U-NEXT』は月額1,990円で動画14万本が観放題であり、これは『Amazonプライム』の2.5万本の5倍以上の動画数に当たります。

その他の動画配信サービス

MEMO
作品ページがある場合はなるべく直接そのページへリンクを貼っていますが、存在しない場合はその映画が動画配信サービスに存在しない場合がありますのでご注意ください。
どの動画配信サービスがいいの?Amazonプライム?U-NEXT?

『この映画のジャンル』

『爽快』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』