『ヒト』を最適化しよう。

『HANA-BI』 レビュー(感想)と考察

HANA-BI

 

 

 

 

RECOMMENDED(オススメ)
この映画は運営者のオススメです。

 

HANA-BI』(はなび、Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし

妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。

第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は『無法松の一生』以来40年ぶりである。

 

監督 北野武
脚本 北野武
製作 森昌行
鍋島寿夫
吉田多喜男
出演者 ビートたけし
岸本加世子
大杉漣
寺島進
音楽 久石譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『どんな人におすすめ?』

  1. 美男美女ったら美男美女!
  2. 気軽に、楽しく、爽快に!
  3. 新しい目線で考えさせられたい!
  4. 熱い絆やドラマで感動したい!
  5. 名シーン・怪演が見たい!
  6. 可愛い動物や大自然が見たい!
  7. ファミリーで安心して観たい!
  8. 歴史や実話で学びたい!

『レビュー(感想)と考察』

自分が同じ状況になったことを想像して観る必要がある。『こういう人生があってもいいのか』という疑問を真剣に考える必要がある。

 

『この映画のジャンル』

『衝撃・壮絶』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『絆・友情』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『病気・障害』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング! 『命の使い方』編!2,000本以上の映画を観て決めたおすすめ映画ランキング!

 

『その他映画コンテンツ』